コニベットのマスターカード入金方法!反映時間・手数料・限度額

コニベットのマスターカード入金方法!入金反映時間・手数料・限度額を解説

コニベットの入金手段にはマスターカードがあります。本記事ではコニベットのマスターカード入金の方法に関して、利用可能額や手数料、実際の入金の流れなどを詳しく解説してみました。

▶マスターカードで入金できるオンラインカジノ【10選】

コニベットのマスターカード入金方法

コニベットにマスターカードを使って入金する上で、知っておきたい事項をいくつか紹介します。

マスターカード入金可能額・手数料・反映時間

マスターカードで入金できるコニベット

ここから登録すると$20獲得

入金可能額20ドル以上3000ドル以下
入金手数料無料
入金反映時間30分程度

コニベットのマスターカード入金は最小20ドルから最大3000ドルまで行うことができます。大きな難点はアカウントに実際に入金が反映されるまでに、30分程度の時間を要することです。

他のオンラインカジノの即時反映に慣れていると、どうしても遅いと感じてしまうことでしょう。

とにかく入金後スムーズにゲームをプレイしたいと考えている場合には、マスターカードを含むクレジットカード入金は利用しない方が良いかもしれません。

同一マスターカードの入金可能額が月間20回、最大6万ドル

コニベットの入金にマスターカードを利用する場合は、1か月あたり20回まで、トータル6万ドル分までしか入金できないということも知っておきましょう。

コニベットのマスターカード入金上限金額

さすがにクレジットカードで6万ドルまで入金するユーザーはほとんどいないと思いますが、特に高額入金&高額ベットをしたいと考えているユーザーには注意が必要です。

マスターカード入金は中間決済業者を経由して入金反映

コニベットの入金についてのマスターカードの明細を見てみると、「 EPL*yunxutrade.com」との記載がありました。

コニベットに入金した際の明細表記

つまりマスターカードからコニベットに直接資金が送金されているのではなく、以下の流れによって資金が動いているということが分かります。

  1. マスターカードから日本円を中間決済業者(EPL*yunxutrade.com)に送金
  2. 中間決済業者( EPL*yunxutrade.com)で日本円をアメリカドルに交換
  3. 中間決済業者( EPL*yunxutrade.com)からコニベットにアメリカドルを送金

クレジットカード会社はオンラインカジノへの送金を強く規制しているため、その規制を逃れるべく中間決済業者がカード入金において重要な役割を果たしているのです。

なお中間決済業者は常に同じとは限らず、変更されることも結構多くあります。

コニベットはマスターカード入金前に本人確認などの認証が必須

コニベットに実際にマスターカードを使って入金する場合には、事前に本人確認手続きおよび利用したいカードの認証手続きが必要となります。

一般的には出金する前に必要となる手続きですが、コニベットの場合はクレジットカード入金前に行わなければなりません。

アカウント未認証状態ではマスターカードの入金画面すら開けない

コニベットではそもそも本人確認およびカードの認証が完了していない状態では、入金方法一覧から「マスターカード」を選択しても、以下のようなメッセージが表示されるだけです。

「マスターカード」を選択した際の表示される画面

見てわかる通り、入金画面を開くことすらできません。

マスターカード入金時の本人確認認証で必要な書類

具体的にコニベットでマスターカードでの入金を可能にするために、認証が必要になる書類は以下の3点です。

必要書類具体例
本人確認書類運転免許証
パスポート
住民基本台帳カード
外国人登録証(ARC)
マイナンバーカードなど
住所確認書類公共料金や携帯料金の支払書類
市・区役所からの郵便物など
クレジットカード書類クレジットカードの裏表画像

それぞれの書類について、詳しく解説します。

コニベットに提出する本人確認書類

コニベットに提出する本人確認書類としては運転免許証、パスポート、住民基本台帳カード、外国人登録証(ARC)、マイナンバーカードなどが有効です。

パスポートだけはアップロード先が異なるので、正しくアップロードするように注意してください。

パスポートだけはアップロード先が異なる

コニベットに提出する住所確認書類

コニベットに提出する住所確認書類としては以下のような書類が有効です。

  • 公共料金や携帯料金の支払書類
  • クレジットカードの利用明細書
  • 政府発行の市・区役所からの郵便物

ちなみに筆者は国税の納税通知書をアップロードして、審査が受理されました。

住所確認書類は発行日から3か月以内の書類のみが有効となります。

利用できる書類は発行日より3ヶ月以内のものに限ります

引用元:ユーザーセンター (konibet.com)

あまりに書類が古すぎると、情報が正しいとしても審査をパスできないので注意してください。どうしても何も書類がないという場合には、役所に足を運んで住民票を発行してもらいましょう。

コニベットの入金に利用したいマスターカードの画像を提出

コニベットの入金に利用したいマスターカードを表面の7桁目から12桁目、そして裏面のCVV(3桁のコード)を隠した上で画像を撮影します。

マスターカード撮影時は表面の7桁目から12桁目を隠す マスターカード撮影時は裏面のCVVを隠す

また裏面には必ず署名をしておく必要があるという点も把握しておきましょう。

コニベット公式サイトの「入出金方法」というページにて、具体的な審査の手順が記載されているので参考にしてください。

外部リンク:入金方法 (konibet.com)

マスターカードの画像や本人確認書類を撮影する際に気を付けること

コニベットの入金に利用したいマスターカードの画像や必要な書類の画像を撮影する際には、いくつか気を付けるべきポイントがあります。

しっかりとポイントを押さえて画像の撮影をすることで、スムーズに審査をクリアすることが可能です。

具体的に気を付けたい4つのポイントを詳しく解説します。

「KONIBET認証用」と書かれた紙と一緒に撮影する

入金に利用したマスターカードの画像や各書類を撮影する際は、書類と同じ画像に「KONIBET認証用」と書いた紙も一緒に写り込ませる必要があります。

「KONIBET認証用」と書いた紙も一緒に写り込ませる

他のオンラインカジノでは書類単体を撮影すればOKということが多いだけに、コニベット特有の規定です。

「KONIBET認証用」という紙を添付しないで撮影しても、審査を受けることはできないので注意してください。

コニベットに提出する書類は四隅がすべて入るように撮影

コニベットに提出する書類の四隅はすべて画像の枠内に収まっている必要があります。少しでもはみ出てしまっている部分がある場合には、それだけで審査の対象外です。

少しでもはみ出していたらNG

あまりズームアップしすぎると書類がはみ出てしまう可能性もあるので、うまく距離感を調整しながら、四隅がすべて収まるような形で撮影することを心がけましょう。

コニベットに提出する画像は文字が鮮明に読めるように撮影する

コニベットの認証用の画像を撮影する際には、書類に記載されている文字がすべて鮮明に読めるように気を付ける必要もあります。

そもそも登録情報が正しいか否かを確かめる手続きなので、書類に不鮮明な箇所があって良いはずもありません。

四隅がしっかりと入るようにしつつ、なおかつ文字がすべて読める状態で撮影しなければならないため、何も考えずに適当に撮影すると失敗する可能性があります。

光の反射や影の写り込みなどによって文字が読めなくなるのもNGなので、うまく角度をつけて撮影するなど工夫しましょう。

コニベットに登録している情報と同じ情報の書類を撮影する

書類を提出した後、実際に審査が通るのは提出した書類に記載されている内容とコニベットに登録している内容が同一であるケースのみです。

登録情報と異なる内容が記載された書類を提出しても、審査は通過しません。

実際に筆者は引っ越しによる住所変更を反映していなかったため、書類の提出後住所の変更を指示されました。

コニベットからの住所変更を求めるお知らせ

ちなみにコニベットではプレイヤーの任意により登録情報を変更することはできません。

プレイヤーの任意により登録情報を変更できない

ライブチャットにより担当者に登録情報の変更を依頼する必要があります。

書類をアップロードする前に情報が古いことが判明している場合には、先に変更の手続きを済ませた上でアップロードを行うようにしましょう。

コニベットの審査スピードは非常にスムーズ

コニベットの本人確認書類の審査スピードは非常にスムーズです。

筆者自身は2021年11月29日20時41分にすべての書類のアップロードが完了し、11月30日9時28分に審査完了の連絡が来ました。

コニベットの書類のアップロード完了時間 コニベットから審査完了の通知が来た時間

つまりわずか半日程度しか時間を要していないということになります。審査に数日を要するオンラインカジノも結構ある中で、コニベットの審査スピードは非常にスムーズと言えるでしょう。

ちなみに住所の登録変更手続きがあったにも関わらず、半日程度しか時間がかかりませんでした。

そのため特に変更手続きなどがなければ、さらにスピーディに審査が完了するものと思われます。

コニベットのマスターカード入金手順

実際にマスターカードを使ってコニベットに入金する一連の手順を、ステップごとに詳しく解説します。

入金手順①コニベットにログインし「入出金」をタップ

コニベットにログインできたら、画面下部に表示されるメニューのうち、右から2番目にある「入出金」をタップしましょう。

「入出金」をタップ

ここから登録すると$20獲得

入金手順②ファイナンスサービスの「入金」を選択する

ファイナンスサービスの選択肢から、「入金」をタップ

次にファイナンスサービスの選択肢から、「入金」をタップしてください。ほかには出金、振替というメニューもあります。

入金手順③コニベットの入金方法から「マスターカード」を選択する

入金方法のリストから「mastercard」を選択

続いてコニベットの入金方法のリストから「マスターカード」を選択します。かなり下の方にあるので、画面をスクロールして見つけましょう。

入金手順④マスターカードの情報を入力する

クレジットカード情報を入力

実際にコニベットの入金に使いたいマスターカードの情報について入力します。具体的に入力するのは以下の内容です。

  • クレジットカード番号
  • 有効期限(月・西暦年)
  • カード名義(ローマ字・大文字・半角のみ入力可能)
  • CVV

すべて正しく入力した上で、画面を下にスクロールしてください。

入金手順⑤ユーザー(自分)の住所を入力する

住所を入力

続いてはユーザー自身の住所を入力します。なお入力する住所は、必ずコニベットに登録している住所と同一でなければなりません。

異なる住所を入力した上で決済が完了しても、正しく入金が反映されない可能性があります。

入金手順⑥マスターカードで入金したい希望額を入力

コニベットへの入金希望額を入力

最後に20ドル以上3000ドル以下の範囲内でコニベットにマスターカードで入金したい金額を入力します。そして「送信」という青いボタンをタップしてください。

入金手順⑦コニベットで入金処理が行われる

コニベットの入金処理中のお知らせ画面

上記の手続きが完了すると、すぐに入金処理が行われます。後は実際にコニベットに入金が反映されるのを待つだけです。

入金手順⑧アカウントに入金が反映される

コニベットのアカウントに入金が反映

無事に決済が完了すると、実際にコニベットのアカウントにも入金が反映されます。

しかし他のオンラインカジノのように即時反映とはならず、実際に入金が反映されるまでには30分程度の時間を要しました。

入金が反映されない場合はコニベットのライブチャットに連絡する

30分以上経ってもアカウントに入金が反映されない場合には、ライブチャットを使って問い合わせてみましょう。

コニベットのライブチャット

なお、マスターカードを使って初めての入金を行う際にも、ライブチャットへの連絡が必要です。

初回入金ではライブチャットへの連絡が必要

コニベットのライブチャットは24時間営業しているので、いつでも問い合わせることができます。

問い合わせも非常にスムーズに行うことができるため、入金反映が遅い時だけではなく、何かしら利用上の困りごとがあった際には積極的に利用してみると良いでしょう。

コニベットに実際にマスターカードで入金してみた結果

2021年11月30日に、実際に筆者はコニベットにマスターカードを使って入金をしてみました。実際に入金してみて分かったことについて、いくつか紹介します。

ここから登録すると$20獲得

マスターカード入金は20ドル入金で2456円の決済

実際にコニベットに入金した金額は20ドルですが、カードの明細をチェックしてみると、2456円が決済されていました。

コニベットに20ドル入金した際の決済金額

つまり1ドルあたりに換算するとおよそ122.5円という為替レートが採用されたことになります。

当時の通常の為替レートは1ドル=113円程度だったことを踏まえると、かなり円安のレートと言わざるを得ません。

本来ならば2260円程度で20ドルを購入できるのに、2456円も支払わされたということで、日本人にとってはかなり不利なレートであることが分かります。

決済為替レート
コニベット1ドル=122.5円
一般の為替取引1ドル=113円

コニベット側で発生する手数料自体は無料ですが、不利なレートでの決済によって、実質的には重い手数料負担を負わされているということを知っておきましょう。

マスターカード入金は銀行振込入金と比べると不利なレートが適用

コニベットではマスターカード入金以外に銀行振込でも入金可能です。

コニベットの銀行振込入金の決済レート

銀行振込の場合は1ドル=105円という為替レートで決済されるため、ユーザーが振込手数料を負担するということを差し引いてもかなりお得です。

決済為替レート
マスターカード入金1ドル=122.5円
銀行振込入金1ドル=105円

入金を通じて無駄な損失を一切出したくないという場合には、マスターカードを始めとするクレジットカードよりも、銀行振込を利用した方が圧倒的にお得ということになります。

銀行振込の場合は市場で適用されている通常のレートよりもかなり円高なので、単に損失が出ないというレベルの話ではなく、入金しただけで既に利益が生じているようなものです。

入金額が大きくなれば比例的に為替レートの差も大きくなるため、ハイローラーにとっては特に利用価値が大きい入金方法と言えます。

マスターカード入金はアカウント反映までに時間がかかる

コニベットのマスターカード入金の最大の難点はアカウントへの反映が遅いことです。

決済完了後に即時入金反映されるオンラインカジノも多くある中で、コニベットは実に30分以上も反映まで待たされました。

「クレジットカードの入金反映が遅い」と言われるベラジョンカジノでも10分程度しかかからないことを踏まえると、コニベットは業界でもワーストレベルに遅いと言わざるを得ません。

現状は入金反映までに時間がかかることがデフォルトになっているので、とにかく待たされるということを理解しておきましょう。

3Dセキュア非設定のマスターカードでも入金が可能

昨今のクレジットカードやオンラインカジノでは、3Dセキュア(Mastercar SecureCode)を設定していないカードでは決済できないということも増えてきました。

クレジットカード情報の流出による不正利用被害などが生じているためです。

マスターカードの3Dセキュア設定

しかし筆者は3Dセキュアを設定していないマスターカードを使っても、問題なくコニベットに入金することができました。

ただしやはり安全性について踏まえると、3Dセキュア非設定のカードで入金することはおすすめできません。

なるべく事前にカードのインターネットサイトなどから3Dセキュア設定の手続きをした上で、実際にコニベットの入金を行うようにしましょう。

マスターカード入金は出金時の本人確認が不要なため便利

コニベットでマスターカード入金をしようと思う人にとって、事前に本人確認を済ませなければならない点は大きなデメリットに感じられるでしょう。

他のオンラインカジノならば登録直後からクレジットカードですぐに入金してゲームをプレイできるだけに、やはりコニベットは面倒と言わざるを得ません。

しかし結局どのオンラインカジノにおいても、資金を出金する前には本人確認手続きが必要となります。

出金直前になって書類を準備しておらず、慌ててしまったり、サポートと余計なトラブルに発展したりするケースも少なくありません。

一方でコニベットの場合、既に本人確認手続きが完了しているため、所定の出金条件さえクリアしていればいつでも自由に出金することができます。

確かに最初は手続きに面倒くささを感じるかもしれませんが、長い目で見れば出金拒否などの余計なトラブルの防止に繋がるため、先に本人確認手続きを求められるのはむしろ便利とも言えるでしょう。

コニベットのマスターカード入金に関する注意点

ここから登録すると$20獲得

コニベットの入金手段としてマスターカードを利用する際にはいくつか知っておきたい注意事項があるのでそれぞれ解説していきます。

入出金に関するトラブルや利用上のトラブルとは無縁でコニベットを楽しめるように、しっかりと後述する内容についても理解しておきましょう。

入金した資金をゲームプロバイダへ送金する必要がある

コニベットではゲームプロバイダごとにウォレットが分かれています。

コニベットはゲームプロバイダごとにウォレットが分かれている

入金直後の資金はゲームプレイには使えない「メインウォレット」に保存されるため、ゲームをプレイする前にはそれぞれのウォレットに資金を送金する手続きを行わなければなりません。

例えば『スイートボナンザ』をプレイしたいのであれば、事前にPragmatic Playのウォレットに資金を送金する必要があります。

Pragmatic Playのウォレット

該当するプロバイダのウォレットに正しく送金しないと、いくら資金を保有していても意味はありません。

そのため各ゲームがそれぞれどのプロバイダにより開発されているのか、しっかりと知っておかなければなりません。

また出金はメインウォレットからのみ行うことができるため、出金したい際には資金をメインウォレットに戻す手続きも必要になります。

コニベットの出金はメインウォレットからのみ可能

マスターカード入金時の1日当たりの最大出金可能額は3000ドル

コニベットでは期間あたりの出金上限が定められていないため、ハイローラーでもストレスなく出金することができます。

しかしマスターカードを含むクレジットカードを使って入金したケースにおいては、1日当たり最大で3000ドルまでしか出金することができません。

※クレジットカードを利用して入金する場合、出金方法毎に、1日の最高金額は$3000となります。

引用元:利用規約 (konibet.com)

クレジットカードで入金した後3001ドル以上を出金したい場合には、最低でも2日以上を要することになります。

稼いだ資金は制限なくすぐに出金したいと考えている場合には、クレジットカード以外の入金方法を利用するようにしましょう。

入金後に入金額と同額分のベットをしないと出金できない

どのオンラインカジノにも共通する規定ですが、コニベットにマスターカードで入金した後は、入金額と同額分をベットして初めて出金可能な状態となります。

8.2.3.アカウントへ入金された金銭は、総入金額の100%の有効ベット額を満たすと、出金ができます。

引用元:利用規約 (konibet.com)

例えば1000ドル入金した場合は、トータルで1000ドル分をベットしなければ一切出金できないということです。

極端にリスクを排したオポジットベット以外ならば、特に賭け方の制限はありません。

まずは必ず入金額と同額分以上のベットを行うことを心がけましょう。

事前にコニベットに登録済みのマスターカード以外では入金できない

コニベットにマスターカードで入金する場合には、上述した手順によって、まずはカードの登録を行わなければなりません。

認証を受けていないカードを使って入金しようとすると、入金エラーになったり、入金が成立してもキャンセルさせられたりする可能性があります。

また当然ですが、アカウントと同一名義のクレジットカードしか利用することができません。

面倒な思いをしたくないのであれば、あれこれ利用せず、1枚のカードだけを使うようにするのがおすすめです。

マスターカード入金が反映される前でもキャンセルはできない

上述した通り、コニベットのマスターカード入金は実際にアカウントに反映されるまでに一定の待ち時間があります。

しかし待ち時間中に「やっぱり入金をキャンセルしたい」と思っても、キャンセルはできません。

8.2.2. お客様のアカウントへの入金は全て承認完了のもので、一度アカウントへ入金された資金を取り消すことを試みない、又は、法的な責任を逃れるため第三者への払い戻しを行いません。

引用元:利用規約 (konibet.com)

そのため入金手続きを行う前に、本当に入金すべきか否かはじっくりと検討するようにしましょう。

カード決済が成立した以上は、上述した最低ベット条件をクリアした上で出金するしかありません。

出金するためには出金対応口座からの入金履歴も必要

コニベットの入金をマスターカードからしか行ったことがない場合には、どれだけ稼いでも、本人確認手続きが完了していても出金することはできません。

というのもコニベットでは入金実績がある口座にのみ出金できるというルールがあるためです。

8.14. 現在当サイトで利用可能の入出金方法は【ファイナンスサービス】に記載されています。ご入金実績の無い口座へのお引き出しは、対応出来かねます。

引用元:利用規約 (konibet.com)

つまりマスターカードとは別に、出金対応している口座からの入金履歴も作る必要があります。具体的にコニベットで利用可能な出金方法は銀行送金のほか以下の通りです。

出金方法出金可能額出金手数料
エコペイズ40ドル以上無料
ヴィーナスポイント40ドル以上無料
アイウォレット40ドル以上無料
スティックペイ40ドル以上無料
タイガーペイ40ドル以上無料
仮想通貨40ドル以上無料
コニベットで利用可能な出金方法

 

もちろん出金に利用できるのはコニベットのアカウントと同一名義の口座のみとなります。

オンラインカジノを入金方法で比較!おすすめ入金手段

オンラインカジノの入金方法!おすすめ入金手段はどれ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事にコメントする