エコペイズの入金方法・手数料・限度額など

エコペイズの入金方法・手数料・限度額など

オンラインカジノでエコペイズを利用するには、事前にエコペイズのアカウントに入金する必要があります。本記事ではエコペイズの入金方法や手順、手数料、限度額などを解説していきます。

かじの先生
エコペイズ入金時の注意点なども併せて解説するので是非参考にしてください。

>エコペイズで入出金できるオンラインカジノ【12選】

エコペイズの入金方法一覧(手数料・限度額も解説)

5つの入金方法があるエコペイズ

エコペイズでは以下の入金方法に対応しています。

入金方法限度額手数料
銀行振込
(Wire Pay)
1280円~1802万4003円※5%
+振込手数料
銀行振込
(Panda Pay)
1280円~1802万4003円※5%
+振込手数料
仮想通貨1288円~128万7428円※無料
エコバウチャー1288円~12万8742円2.9%
+エコバウチャー販売サイトでの手数料
ポケットチェンジ0.01ドル~300ドル不明

※入金限度額は会員ランクに応じて変動

それぞれの入金方法について、限度額や手数料などを解説します。

エコペイズの銀行振込(Wire Pay):三井住友銀行の口座に入金

エコペイズの入金方法として使える銀行振込(Wire Pay)
入金可能額1288円以上
(上限はランクにより異なる)
入金手数料5%+振込手数料
入金反映時間0~3営業日

エコペイズの1つ目の銀行振込オプションであるWire Payでは三井住友銀行の指定口座に振込を行う形で入金をします。

Wire Payでは三井住友銀行の指定口座に振込を行う形

そのため入金元の口座も三井住友銀行にしておけば、振込手数料は無料です。

入金限度額は会員ランクに応じて以下の通り設定されています。

会員ランク入金限度額
クラシック12万8743円
シルバー193万1144円
ゴールド1287万4288円
プラチナム1544万9146円
VIP1802万4003円

エコペイズの銀行振込(Panda Pay):みずほ銀行の口座に入金

エコペイズの入金方法として使える銀行振込(Panda Pay)
入金可能額1288円以上(上限はランクにより異なる)
入金手数料5%+振込手数料
入金反映時間0~3営業日

エコペイズ2つ目の銀行振込オプションであるPanda Payでは、みずほ銀行の指定口座に振込を行う形で資金を入金します。

Panda Payでは、みずほ銀行の指定口座に振込を行う形

ユーザーが振込を行う口座としてみずほ銀行を利用すれば、振込手数料を負担する必要はありません。入金限度額は会員ランクに応じて、以下の通り設定されています。

会員ランク入金限度額
クラシック12万8743円
シルバー193万1144円
ゴールド1287万4288円
プラチナム1544万9146円
VIP1802万4003円

エコペイズの仮想通貨(Alternative Payments):手数料無料で入金可能

エコペイズの入金方法として使える仮想通貨(Alternative Payments)
入金可能額1288円以上(上限はランクにより異なる)
入金手数料無料
入金反映時間0~3営業日

エコペイズの仮想通貨入金では、ビットコインおよびビットコインSVのいずれかを利用できます。銀行振込とは違って手数料無料で入金できるのは非常に大きなメリットです。

仮想通貨入金は手数料無料l

入金申請してから15分以内に手続きをしなければならないので、早めに仮想通貨ウォレットから送金手続きを行いましょう。

仮想通貨によるエコペイズへの入金上限額は、会員ランクに応じて以下の通り定められています。

会員ランク入金限度額
クラシック12万8743円
シルバー128万7428円
ゴールド128万7428円
プラチナム128万7428円
VIP128万7428円

仮想通貨というと比較的高額入金をできるイメージですが、実はエコペイズではさほど入金上限額が高くありません。

エコペイズのエコバウチャー:プリペイドカードを購入して入金

エコペイズの入金方法として使えるエコバウチャー
入金可能額1288円以上12万8742円以下
入金手数料2.9%+エコバウチャー販売サイトでの手数料
入金反映時間即時

エコペイズへの入金方法には「エコバウチャー」というプリペイドカードを購入するオプションもあります。

事前にエコバウチャーを購入しておき、エコバウチャーのPIN番号を入力する形でエコペイズに入金します。

エコバウチャーのPIN番号を入力

しかしエコバウチャーの購入、さらにエコぺイズへの双方の入金に際して手数料が発生し、トータルでは10%程度かかると言われています。数ある入金方法から、わざわざエコバウチャーを選ぶメリットはほとんどないというのが率直な印象です。

エコペイズのポケットチェンジ:外貨を振り込んで入金コードで送金

エコペイズの入金方法として使えるポケットチェンジ
入金可能額0.01ドル以上300ドル以下
入金手数料不明
入金反映時間2~6時間

エコペイズへの入金に利用できるポケットチェンジは、海外旅行から帰国した際、余った外貨を電子マネーやギフトコードに交換できるというシステムです。

換金先の1つにエコペイズもあります。

換金先の1つにエコペイズがあるポケットチェンジ

ポケットチェンジの端末で外貨を振り込んだ後は、専用のレシートが発行されます。そのレシートに印字された入金コードを入力することでエコペイズへの入金が可能です。

大前提としてポケットチェンジをメインの入金方法として利用することはありません。

ラスベガス旅行に出かけて現地カジノで儲けてきたドル紙幣をさらにオンラインカジノで増やしたいという時などに、ポケットチェンジによる入金オプションを利用しましょう。

エコペイズの口座に入金する手順を解説

実際にエコペイズの口座に資金を入金する手順について、詳しく解説します。

エコペイズのアカウントにログインできたら、画面右上に表示される三本線のメニューボタンをタップしてください。

画面右上に表示される三本線のメニューボタンをタップ

続いて上から2番目に表示される「資金を入金」というメニューボタンをタップします。

「資金を入金」というメニューボタンをタップ

まずは入金先の通貨ウォレットを選択してください。

入金先の通貨ウォレットを選択

次に画面を少し下にスクロールして、入金方法を選択します。

入金方法を選択

銀行振込もしくは仮想通貨で入金する場合に選択するのは「ローカル入金方法」です。

銀行振込もしくは仮想通貨で入金する場合に選択するのは「ローカル入金方法」

「ローカル入金方法」を選択すると、入金オプションが3つ表示されます。

入金オプションが3つ表示

表示される3つの入金オプションのうち、利用したい方法を選んでください。今回は「Wire Pay」により入金するケースで解説します。

「Wire Pay」を選ぶとまずは入金額の入力を求められます。

「Wire Pay」を選ぶとまずは入金額を入力

金額の入力をした後、「この支払に関して、ecPayzが私の本人確認書類を含む個人情報の取得することまたそれらの情報を入金処理パートナーと共有することに同意します。」という文章にチェックマークを入れて、「続行」という緑色のボタンをタップしてください。

すると以下の通り振込先情報が表示されます。

振込先情報が表示

メモを取ったりスクリーンショットを撮影したりして、銀行のインターネットバンキングで送金手続きを行ってください。

振込金額は必ずエコペイズ側で申請して、手数料を上乗せされた金額と同額にする

振込金額は必ずエコペイズ側で申請して、手数料を上乗せされた金額と同額にします。銀行側での振込手続きが完了したら、後はエコペイズ口座に着金するのを待つだけです。

20分程度で入金が反映される

実際に口座に着金すると、エコペイズに登録しているメールアドレス宛に着金完了のメールも届きました。

エコペイズの着金完了メール

ちなみに筆者の銀行側での振込時間及び着金時間は以下の通りでした。

  • 指定口座への振込時間:10月7日10時6分
  • エコペイズへの反映時間:10月7日10時22分

公式サイトでは銀行振込での入金に0~3営業日程度要すると記載されていますが、実際には15分強で着金しており、かなりスピーディです。

エコペイズ入金時の注意点を解説

エコペイズへの入金をトラブルなく完了させるためには、いくつか重要な注意点があります。具体的にどのような点に注意すべきか、詳しく解説します。

エコペイズのクレジットカード入金はオンラインカジノでの利用は不可

エコペイズの入金画面では「クレジット/デビットカード」という入金オプションが表示されます。

「クレジット/デビットカード」という入金オプションが表示

しかしクレジットカード入金のオプションは、エコペイズからオンラインカジノに入金する目的では利用することができません。

どうしてもクレジットカードを使ってエコペイズに入金したい場合は、エコバウチャーを購入することが唯一の手段となります。

しかし上述した通り、エコバウチャーは利用上のデメリットが非常に多いだけに、あまりおすすめはできません。

エコペイズへの入金で使う仮想通貨アドレスは毎回変更になる

仮想通貨を使ってエコペイズに入金する際は、毎回必ず送金アドレスが変更される点に注意してください。

毎回必ず送金アドレスが変更される

手続きを簡略化するために前回使ったアドレスに送金、なんていうことをしていると、大事な仮想通貨をみすみす失ってしまうハメとなります。

また選択した仮想通貨以外の通貨から送金しないことにも注意してください。

仮想通貨は手数料無料で入金できるというメリットの反面、結構入金トラブルが発生しがちという難点もあるので、実際に利用する際には十分注意しましょう。

エコペイズの銀行振込入金は振込先口座が変更されることがある

エコペイズの銀行振込入金で指定される口座についても、毎回同じ口座が指定されるとは限りません。時々口座が変更されることもあります。

アカウント番号は定期的に変更されます。入金する時は正しいアカウント番号を入力するように常にダブルチェックしてください!

引用元:エコペイズ|Wire Pay入金手続き画面

手続き簡略化のために口座登録をしておくこと自体は構いませんが、振込手続き時には間違いがないことを必ず目視でチェックするようにしましょう。

エコペイズはシルバーアカウントにアップグレードしないと銀行口座に出金できない

エコペイズ口座から資金を銀行口座に出金できるようにするためには、事前にシルバーアカウントにアップグレードしておく必要があります。

シルバーアカウントにアップグレード

そもそもクラシックアカウントのままではエコペイズはほとんど使い物にならないので、口座開設後はなるべく早くアップグレード手続きを行いましょう。

よほどのハイローラーでない限りは、シルバーアカウントにアップグレードしておけば十分です。

Silver ecoPayz アカウントとは?
Silver ecoPayz アカウントはecoPayz Mastercard*に申し込む可能性を与えます。それは自分の銀行口座への資金の引き出し、友達や家族への送金を可能にし、アカウント上限の増加も提供します。

* この商品は英国とほとんどのEU/EEAメンバー諸国で入手可能です。

引用元:アカウントレベルの管理・アップグレード (ecopayz.com)

本人確認手続きを行うことでアップグレードはできますので、オンラインカジノの本人確認と同様に必要書類を準備した上で手続きをしてください。

>エコペイズで入出金できるオンラインカジノ【12選】

エコペイズ基本情報
>エコペイズとは>エコペイズ口座開設
>エコペイズ入金方法>エコペイズ銀行入出金
>エコペイズ出金方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事にコメントする