ギャンボラの悪い評判・口コミを暴露!SNSの評判は真実か

ギャンボラの悪い評判・口コミを暴露!SNSの評判は真実か

ギャンボラは2019年秋ごろのオープン以来、良い評判を多く集めています。しかし悪い評判があるのも事実です。本記事ではギャンボラの悪い評判や口コミをピックアップし、真実か否かを詳しく解説していきます。

かじの先生
ギャンボラの悪い評判について、入出金やボーナスなど様々な観点から解説していくので是非参考にしてください。

>評判が高いおすすめオンラインカジノ【10選】

ギャンボラの入出金に関する悪い評判や口コミ

まずはギャンボラの入出金面に関する悪い評判や口コミを紹介します。

ギャンボラはクレジットカードの入金上限が低い

ギャンボラはクレジットカードでの入金上限額が低いということで悪い評判が見られます。実際にチェックしてみると、カードブランドごとに以下の上限が設定されていることが分かりました。

ギャンボラのクレジットカード入金上限

確かにJCBの1000ドルは低額という印象です。マスターカードも2500ドルが上限ということで、さほど高額入金には対応していません。

しかし複数回の入金手続きをすれば上限以上の入金を行うこともできます。しかも手数料はかからないため、何度も入金したからといって損失を被ることはありません。

それでも高額入金をしたいという場合には、STICPAYを経由して入金するという方法もあります。

最大入金額が高いスティックペイ

STICPAYの場合は、ギャンボラに最高2万5000ドルという高額入金が可能です。

ギャンボラは日本円での資金管理に対応していない

ギャンボラは日本円での資金管理に対応していないという点でも悪い評判が見られました。確かにギャンボラはユーザーが通貨単位を選ぶことはできず、アメリカドルのみしか利用できません。

ギャンボラはドル建ての資金管理しかできない

日本人であればやはり日本円での資金管理ができた方が、色々と好都合な部分も多くあります。

アメリカドル建てでベットを行っていると、徐々に金銭感覚が乱れて来て、無謀なベットに走ってしまうようなリスクもあります。

まだオンラインカジノでのプレイにそこまで慣れていないという初心者プレイヤーならば、まずは日本円での賭けができるオンラインカジノを利用してみるのがおすすめです。

ギャンボラはヴィーナスポイントの出金だけ上限が異常に低い

ギャンボラはヴィーナスポイントへの出金ができるものの、ヴィーナスポイントの出金上限はかなり低いという悪い評判があります。

ヴィーナスポイントの出金上限はかなり低い

他の多くの出金方法は最大2万5000ドルという高額の出金が可能であるのに対して、ヴィーナスポイントの場合は1回あたり最大で1000ドルしか出金できません。

極端にヴィーナスポイントの出金上限が低く設定されている理由は定かではないものの、過去にヴィーナスポイントのポイントバック目的でギャンボラを乱用していたユーザーがいるためと言われています。

超小資金しか用意できないプレイヤーならばヴィーナスポイントを利用する価値もありますが、ある程度高額のベットを楽しみたいのであれば、ギャンボラでヴィーナスポイントを利用すべきではありません。

ギャンボラは銀行送金出金のスペックがオンラインカジノ業界ワーストレベル

ギャンボラは銀行送金での出金も行うことができます。しかし銀行送金の出金スペックはオンラインカジノ業界でもワーストレベルということで悪い評判が見られました。

ギャンボラの銀行送金出金スペック

出金下限額は200ドル、出金手数料は20%固定、そして最大5000ドルが上限、さらに2~3営業日着金までに時間を要するということで、確かに他のオンラインカジノの銀行送金と比較すると大きく見劣りしてしまいます。

特に手数料は最悪の場合10%も取られることになってしまうため、わざわざ利用する価値は皆無です。

工数こそ1つ多くなってしまいますが、電子決済サービスを経由して銀行口座に出金した方が、結果的に早く着金するでしょう。

現行のスペックのままなのであれば、わざわざギャンボラからの出金手段として銀行送金を選ぶメリットはありません。

【ギャンボラの入出金に関する現実】出金スピードはかなり高速ということで好評

ギャンボラの入出金に関して悪い評判を紹介してきましたが、一方で出金スピードの早さはギャンボラが多くの良い評判を集めるポイントです。早ければ数分で指定の口座に着金していることもあります。

オンラインカジノのユーザーにとって出金を待つストレスはかなり大きいだけに、余計なストレスとは無縁のプレイができるのは大きなメリットです。

STICPAYのATM出金オプションと組み合わせれば、ギャンボラで稼いだばかりの勝利金をスムーズに現金化することも可能です。

ATM出金オプションがあるスティックペイ

またギャンボラは月間最大で25万ドルまで出金できるという出金上限の大きさも大きな魅力と言われています。

4.16 勝利金の出金申請は、一ヶ月当たり最高$250,000までの出金申請が行えます。こちらの金額を上回った場合、当社はお客様が申請されたご出金を保留にする権利を有します。
上記の出金制限は『グローバルプログレッシブジャックポット』には適用されません。

引用元:利用規約- No.1リベートカジノ (gambola.com)

そのためハイローラーもかなり使い勝手の良さを感じられるはずです。

ギャンボラのボーナスに関する悪い評判や口コミ

ギャンボラは他のオンラインカジノと同様にボーナスを色々と用意しています。しかしお得なボーナスに関しても、一部のプレイヤーからは悪い評判が寄せられていました。

具体的にどのような点に悪い評判が見られるのか、詳しく解説します。

日替わりで獲得できるギャンボラの入金フリースピンの配当はゴミレベル

ギャンボラは週に3~4回程度のペースで進呈される入金フリースピンをお得なプロモーションとして宣伝しています。

ギャンボラの日替わりオファースケジュール

フリースピンは30ドル程度の低額入金で獲得でき、さらに勝利金に対しては出金条件が付帯しないということで、抜群の使いやすさを誇るのが特徴です。

キャッシュフリースピンは入金額$30から受け取れます。フリースピンから獲得した勝利金に賭け条件はありません。

引用元:– No.1リベートカジノ (gambola.com)

しかし実際にフリースピンを使ってみても、ステイクが小さくスピン回数も30回しかないため、よほどの大爆発がない限りはゴミレベルの配当しか得られないということで、悪い評判を集めています。

ミスティーノと同様に、コツコツと資金を増やしていくにはお得なボーナスであるものの、一発ドカンと稼ぎたいプレイヤーにとっては物足りなさしかないようです。

ギャンボラプラスのリベートレートが低すぎる

ギャンボラは毎回の賭けを通じて稼げるギャンボラプラスが最大の特徴としてアピールしています。

ギャンボラプラスは即時進呈、出金上限なし、獲得上限なしという最高の使い勝手を誇っている点はユーザーからも好評です。

しかしリベート稼ぎにおいて最も重要な要因であるレートがかなり低いということで悪い評判が見られました。

実際のギャンボラプラスのレートはゲームの種類により異なりますが、最高で0.8%と設定されています。ペイアウト率が高いゲームほど、ギャンボラプラスのレートは下がるという仕組みです。

例えばバカラやブラックジャックなどのテーブルゲームは、ペイアウト率が非常に高いためギャンボラプラスの通常レートは0.05%とかなり低く設定されています。

テーブルゲームはリベート率が低い

実際にギャンボラプラスのレートを高いと思うか低いと思うかは、個々のプレイヤーの主観によりけりです。しかし、ギャンボラには週に3~4回程度使える「ブーストチケット」という特殊アイテムがあります。

「ブーストチケット」を使うとギャンボラプラスのレートを2倍から4倍に高めることができるため、最大3.2%という超ハイレートでのリベート稼ぎが可能です。

最大3.2%という超ハイレートでのリベート稼ぎが可能

「ギャンボラプラスのレートが低い」と不満を持つプレイヤーも、ブーストチケットが使える日だけ重点的にプレイすると、効率よく稼ぐことができるでしょう。

ギャンボラは他のオンラインカジノのような入金と同時に軍資金を増やせるボーナスはない

ギャンボラで進呈されるボーナスは、他のオンラインカジノとは少し性質が異なります。一般的に多くのオンラインカジノでは入金と同時に資金を増やせるタイプのボーナスを進呈しています。

しかしギャンボラはリベートがメインなので、入金後にある程度プレイをすることで初めてボーナスの恩恵を受けられるという点でも悪い評判があります。

豊富な資金を用意できない小資金プレイヤーにとっては、なかなかメリットを受けづらいボーナスと言わざるを得ません。

資金が少ないと、一生懸命ギャンボラプラスを稼ごうと思っても、途中で全資金が溶けてしまうというのがよくあるオチです。

しかし軍資金を一気に増やせるわけではないというデメリットの一方で、もちろんメリットもあります。

他社の入金ボーナスとギャンボラプラスの比較 ギャンボラプラスの仕組み

最も大きなメリットは、他のオンラインカジノのボーナスと同じように、面倒な出金条件消化に苦しめられることがないということです。

結局何事にもメリットとデメリットはあるので、それぞれ比較した上で自分にとってはメリットが大きいと判断した場合には、ギャンボラを利用するようにしましょう。

【ギャンボラのボーナスに関する現実】リベートボーナスは他社と比較にならないほどお得

ギャンボラのボーナスに関する悪い評判や口コミを紹介してきましたが、ギャンボラのボーナスのメインは何と言ってもリベートボーナス(ギャンボラプラス)です。

一般的にオンラインカジノのリベートボーナスは一定期間分のベットを行って初めて進呈されるものですが、ギャンボラプラスは即時ウォレットに進呈されます。実際にいつ出金するかは完全にプレイヤーの任意です。

また出金条件も一切付帯しません。

他のオンラインカジノでは原則1倍、厳しい業者では10倍程度の出金条件が設定されることが多い点も踏まえると、かなりお得と言えます。せっかく稼いだリベートボーナスをみすみす減額してしまう心配がありません。

さらに最大のポイントは獲得上限がない点です。多くのオンラインカジノでは期間あたりのリベート獲得上限を定めているものの、ギャンボラでは無限に稼ぐことができます。

「即時進呈」「出金条件なし」「獲得上限なし」とまさに非の打ち所がないとすら言えるレベルのお得度です。ギャンボラはギャンボラプラスを有効活用してこそ、効率よく資金を稼いでいくことができます。

ギャンボラのゲームに関する悪い評判や口コミ

ギャンボラに登録すると様々なゲームでのプレイが可能です。しかしギャンボラのゲームに関しても、色々と悪い評判や口コミが見られることがあります。

ギャンボラはどのゲームでも1回あたり最大5000ドルまでしか賭けられない

ギャンボラはどのゲームでも1回で最大5000ドルまでしか賭けられないということを規約により定めている点も悪い評判に繋がっています。

5.2 1回のベットで賭けることができる最高ベット額は5000ドル($5000)または登録アカウントにて利用されている通貨においてそれ相当の金額までとなります。

引用元:利用規約- No.1リベートカジノ (gambola.com)

他のオンラインカジノならば5000ドル以上の高額ベットが許容されている場合でも、ギャンボラでは5000ドルまでしか賭けられません。

また5000ドルよりもさらに低いベットリミットが設定されていることもあります。例えばEvolution Gamingの『キャッシュ・オア・クラッシュ』について、ベラジョンカジノと比較してみましょう。

ギャンボラのベットリミットは1000ドル ベラジョンカジノでのベットリミットは2500ドル

上の画像がギャンボラ、下の画像がベラジョンカジノです。ベラジョンカジノでは最大2500ドルまでベットできますが、ギャンボラの場合は最大1000ドルまでしか賭けられません。

恐らくギャンボラとしては、あまりにも大きく勝たれないように制限をしているのでしょう。

総合的に見るとハイローラーにとって使いやすいオンラインカジノではあるものの、ベットリミットはハイローラーの足かせとなってしまうということで、悪い評判も一定数見られます。

ギャンボラは他のオンラインカジノに比べてペイアウト率が低く設定されている

ギャンボラでプレイできるゲームの一部は、他のオンラインカジノと比べてペイアウト率が低めに設定されているということでも悪い評判が見られます。

例えばベラジョンカジノでは、NetEnt社の『スターバースト』はベラジョンカジノだとペイアウト率が96.09%です。

ベラジョンカジノだとペイアウト率が96.09%

しかしギャンボラの場合は94.05%に設定されています。

ギャンボラの場合は94.05%

実に2ポイント近くも低い設定となっているのです。当然他のオンラインカジノと比べて、ギャンボラで『スターバースト』をプレイする方が、稼ぎにくくなってしまいます。

ギャンボラプラスのレート0.8%を上乗せしても、94.85%です。

他のゲームについてもペイアウト率が低めに設定されていることがあるので、相対的に勝ちづらくなっている可能性があります。

不利な設定でプレイしたくないという場合には、逐一ペイアウト率をチェックする癖をつけるようにしましょう。

ギャンボラはオンラインカジノ業界で人気が高いゲームプロバイダが採用されていない

ギャンボラはオンラインカジノ業界で人気のゲームプロバイダが採用されていないため、自分の好きなゲームを楽しめないという悪い評判も見られました。

実際にギャンボラが採用しているスロットプロバイダは以下の16社です。

ギャンボラが採用しているスロットプロバイダ

確かにBig Time GamingやPragmatic Play、Kalamba Gamesといったスロッターにとってマストとも言えるプロバイダがラインナップされていない点は残念な印象を受けます。

トータルゲーム数も1000種類強ということで、決してゲームの充実度が高いとは言えません。

ギャンボラはゲーム検索性能が乏しい

ギャンボラはゲーム検索機能が乏しいという点に言及する悪い評判も見られました。実際にゲーム画面において利用できる検索機能は以下のような方法です。

ギャンボラのゲーム検索性能

ゲーム名やプロバイダ名のほか、キャンペーン対象など最低限の検索機能しか搭載していないという印象を受けます。

しかし実はもう1つ、実質的にペイアウト率順のようにスロットを並び替えられる機能もあります。それはギャンボラプラスのレートで並び替える機能です。

ギャンボラプラスのレートはペイアウト率と反比例します。つまりレートが低い順にゲームを並び替えることは、実質的にペイアウト率が高い順に並び替えることと同じ意味になるのです。

レートが低い順にゲームを並び替える

ギャンボラプラスのレートでの並び替えをするには、以下の手順でページを遷移しましょう。

ギャンボラのサイト左上のメニューバーをクリック メニューからギャンボラプラスを選択 画面を下にスクロールする ゲームタイトル別リベート率一覧

ギャンボラエックスのスピードに慣れると他のオンラインカジノと比較して感覚がマヒする

ギャンボラには「ギャンボラエックス」という特殊な機能もあります。

ギャンボラの「ギャンボラエックス」

ギャンボラエックスとは、Quickspin社のスロットを通常の最大7倍速でプレイできるという高速プレイ機能です。

なかなかプレイ時間を確保できないという多忙なサラリーマンプレイヤーでも、ギャンボラエックスを使うことで効率よく対象機種でプレイできます。

しかしギャンボラエックスでのプレイに慣れると、同じゲームを他のオンラインカジノでプレイする際にもっさりと感じてしまうという悪い口コミもあります。

実際にギャンボラエックスでのプレイに慣れたせいで、ゲームのスピード感の感覚がマヒしたという声も少なくありません。

また高速でプレイできるということは、負けるまでの速さもスピードアップしてしまう可能性があります。ギャンボラエックスはギャンボラ独自の便利な機能ですが、実際に利用するか否かはしっかりと検討することが重要です。

【ギャンボラのゲームに関する現実】厳選されたゲームのみをプレイできるという捉え方もできる

ギャンボラはプロバイダ数やゲーム数が少ないという点を悪い評判で紹介しました。しかしオンラインカジノ業界で人気度が高いと言われるプロバイダやゲームについては、概ね網羅しています。

そのため個人的にはそこまで不足を感じることはありません。

むしろ厳選されたゲームのみをプレイできるため、ハズレを引きにくいという見方もできるでしょう。

3000種類、4000種類といった豊富なゲーム数を採用しているオンラインカジノは確かに魅力的ですが、あまりにも選択肢が多すぎてゲーム選びに難航してしまうということも少なくありません。

ギャンボラでは「キャンペーン対象」というゲームカテゴリもあるため、お得にキャンペーンで稼げるチャンスを逃さずゲームを選べるというメリットもあります。

「キャンペーン対象」というゲームカテゴリ

ギャンボラのイベントに関する悪い評判や口コミ

ギャンボラは他のオンラインカジノに比べても、イベントが充実しているオンラインカジノです。しかしイベントに関しても、色々と悪い評判や口コミが見られました。

ギャンボラのキャッシュレースは高額ベットが可能なハイローラーにしか勝ち目がない

ギャンボラ最大のイベントと言えば、毎週1週間単位で開催されているキャッシュレースです。

キャッシュレースでは上位250位になると賞金を獲得できるため、毎週大きな盛り上がりを見せています。

しかし結局上位に入って賞金の恩恵を受けられるのは高額ベットが可能なハイローラーしかいないということで、悪い評判が見られました。

というもの、キャッシュレースの順位は獲得したギャンボラプラスの金額によって決まるためです。

ルールは至ってシンプル。

参加するには、お好きなゲームを選んで遊ぶだけ。「ギャンボラプラス」というキャッシュリベートが貯まっていきます。こちらのリベートが$0.01 = 1ポイントとして換算。ポイントが高い順で順位が決定します。

引用元:すべてのベットでキャッシュリベート (gambola.com)

もちろんプレイするゲームによって差異はあるものの、結局高額のベットをし続けられるプレイヤーが圧倒的に有利です。

ボンズカジノのように順位が低いプレイヤーが一気に上位を捲れるというような特別ルールもないため、ハイローラー以外には勝ち目がありません。

他のイベントやトーナメントも結局は高額ベット可能なハイローラーが有利になる

ギャンボラではキャッシュレース以外にもお得に稼げるイベントが頻繁に開催されます。

ギャンボラのイベント

もちろんイベントごとにルールは異なるものの、総じて高額ベットが可能なハイローラーが有利になりやすいトーナメントが多いということで、悪い評判が見られました。

オンラインカジノによっては勝利倍率で競うルールなど、小資金プレイヤーでも十分上位を狙えるイベントが開催されているだけに、ギャンボラはどうしても物足りなさを感じてしまいます。

【ギャンボラのイベントに関する現実】用意される賞金額が他のオンラインカジノよりも高額

ハイローラーが勝ちやすいという悪い評判もありますが、ギャンボラのイベントは他のオンラインカジノと比べて用意される賞金額が高額という点はメリットです。

毎週開催されるキャッシュレースでは5000ドルの賞金が用意されますが、時々増額されることもあります。

例えば2021年9月の1か月間は、トータル5回のキャッシュレースにおいて合計で8万5000ドルもの賞金が用意されたこともありました。

トータル5回のキャッシュレースにおいて合計で8万5000ドルもの賞金が用意

ここまで高額の賞金を用意できるのは、ギャンボラに潤沢な資金があるからこそでしょう。

ハイローラー有利になりがちという点は否めませんが、賞金額が多ければその分賞金圏も広くなるため、小資金プレイヤーや初心者プレイヤーにもチャンスがあるはずです。

その他ギャンボラに関する悪い評判や口コミ

上述した以外にも、ギャンボラではいくつか悪い評判や口コミが見られます。

少し放置しただけでギャンボラからアカウント管理手数料が引かれていた

SNSでは少しギャンボラにログインしなかっただけでアカウント管理手数料として残高が差し引かれたという悪い口コミが見られました。

ちなみに利用規約上は休眠アカウントについて、以下の通りルールが記載されています。

最終ログインから12か月後、当社は管理手数料として月$5またはそれ相当をお客様のアカウントに請求する権利を有します。管理手数料の引き落としはアカウントに残高がなくなるまで、またアカウントの取引が行われないままである限り行われます。

引用元:利用規約- No.1リベートカジノ (gambola.com)

SNSの投稿主が具体的にどれだけの期間、ギャンボラにログインしなかったのかは分かりかねますが、仮に1年以上ぶりにログインをしていたのであれば、あくまでもルール通り管理手数料が差し引かれただけです。

休眠アカウント認定も12か月の非アクティブということで、特別短めに設定されていることはありません。

またそもそも残高がなければアカウント管理手数料が引かれることもありませんので、しばらくギャンボラを利用しなくなる際は、予め残高を避難させておくようにしましょう。

ギャンボラはサポートの対応時間が短い

ギャンボラには有事の際に頼れるサポート機能があるものの、サポートの対応時間が短いということで悪い評判も見られました。

ギャンボラのサポート機能

実際の対応時間は以下の通りです。

Q. カスタマーサポートの営業時間は?

メールおよびチャットでのカスタマーサポートは、年中無休♪

サマータイム期間(2021年3月28日〜2021年10月31日) 毎日 16:30 – 翌00:30

サマータイム終了後 毎日 17:30 – 翌01:30

引用元:– No.1リベートカジノ (gambola.com)

最近は12時間以上、さらに言えば24時間以上サポート対応しているオンラインカジノも増えつつあることを踏まえると、確かに対応時間が短いという印象を受けます。

しかし上記の時間帯以外は、Eメールで問い合わせることも可能です。ギャンボラのサポートの質自体はそれほど低くないだけに、対応時間が短いことを差し引けば、なかなか優秀なサポートと言えます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事にコメントする