ワンダーカジノの悪い評判・口コミを暴露!SNSの評判は真実か

ワンダーカジノの悪い評判・口コミを暴露!SNSの評判は真実か

ワンダーカジノはハイローラー向けのオンラインカジノとして人気です。しかし、いくつか悪い評判も見られます。本記事ではワンダーカジノについてSNSなどで見られる悪い評判や口コミを紹介し、真実か否かを解説していきます。

かじの先生
ワンダーカジノの悪い評判について、入出金やボーナス、ゲームやVIPプログラムなど様々な角度から解説するので是非参考にしてください。

>出金が遅くて評判の悪いオンラインカジノ!ユーザーの不満爆発

ワンダーカジノの入出金に関する悪い評判

悪い評判があるワンダーカジノ

ワンダーカジノを利用する上で入出金は生命線です。入出金にはどのような悪い評判があるか、詳しく紹介します。

クレジットカードやヴィーナスポイントでの入金に対応しなくなった

ワンダーカジノは入金方法が充実しているものの、以前は対応していたクレジットカードやヴィーナスポイントでの入金ができなくなっているということで、悪い評判も見られました。

実際に入金画面をチェックしてみると、クレジットカード及びヴィーナスポイントのアイコンは表示されません。

クレジットカード及びヴィーナスポイントのアイコンは表示されない

クレジットカードもヴィーナスポイントも利便性が高い人気の決済方法の1つだけに、非対応となってしまったのは残念なところです。

入金時に何度トライしても銀行口座の登録が拒否される

ワンダーカジノには銀行振込での入金ができます。

ワンダーカジノの銀行振込入金

実際に銀行振込で入金する場合には、事前に口座登録が必要です。しかし口座を登録しようとすると、なぜかエラーが頻発して口座登録ができないということで悪い評判も見られました。

実際に筆者自身も、何度トライしても「名義が違う」という理由で口座登録エラーを何度も食らっています。

銀行振込時の口座登録エラー

きちんと正しい名義で登録しようとしているにも関わらず、口座登録ができません。何度やっても登録できない場合は、サポートに原因を尋ねるか、銀行振込以外の方法で入金するしか解決策はありません。

ワンダーカジノのスティックペイ入出金は2.5%の手数料がかかる

ワンダーカジノの入出金にはスティックペイが利用できるものの、入出金双方で2.5%の手数料がかかるということで悪い評判も見られました。

スティックペイは入出金双方で2.5%の手数料がかかる

ワンダーカジノ以外ならばスティックペイの入出金でも手数料無料でできるということが多いだけに、どうしても見劣りしてしまうポイントです。

また手数料金額に上限がないため、入出金額が大きくなると比例的に手数料負担も重くなってしまうという難点もあります。

スティックペイの手数料は上限なし

スティックペイはATM出金ができるなど利用するメリットも多くありますが、ワンダーカジノでは積極的に使うべきではありません。

ワンダーカジノの銀行振込は入金時のドル円レートが不利

ワンダーカジノの銀行振込時のドル円レートは若干不利に設定されているということでも悪い評判が見られます。実際に決済レートを比較してみると、やや円安に設定されていることが分かりました。

ワンダーカジノのドル円レート 実際のドル円レート

例えば100ドルを入金する際、市場平均ならば1万1100円程度の支払いで済むところ、ワンダーカジノのレートならば1万1200円が必要ということになってしまいます。

つまり入金した時点で既に損失が発生しているということになるのです。

ドル円の決済レートが固定されているため、計算しやすいというメリットこそありますが、少しでも余計な損失を負いたくないと考えているプレイヤーにとっては、少し引っかかってしまう規定と言えます。

ワンダーカジノは決済パスワードを設定しないと出金できない

ワンダーカジノから出金する際には、ログインパスワードとは別の決済パスワードを設定しなければなりません。

※ご出金頂くには、決済パスワードを設定して頂く必要が御座います。

引用元:入出金方法 (casino-wonder.com)

他のオンラインカジノよりも出金時に1つ工数が増えてしまうという面倒くささに対して、悪い評判が見られます。

しかし決済パスワードが必要になることはデメリットばかりではありません。

例えば第三者にアカウントをハッキングされてしまったとしても、資金を不正に引き出される心配がなくなるというメリットがあります。

実際に他のオンラインカジノでは不正に資金が出金されたという事例もあるだけに、安全性が高まるに越したことはありません。

決済パスワードは「アカウント設定」のページより設定することができます。

決済パスワードは「アカウント設定」のページより設定

忘れてしまうと当然出金できなくなるので、自分自身で覚えやすく、なおかつ他人には推測されづらいパスワードを設定するようにしましょう。

【ワンダーカジノの入出金に関する現実】業界最高レベルの出金スペックを誇る

悪い評判も多くありますが、ワンダーカジノはとにかく出金スペックが業界最高レベルであるという点も知っておきましょう。出金スピードは超爆速で、申請から数分後に口座に着金していることも珍しくありません。しかも出金上限は1億円ということで、実質的に青天井で出金できると言えます。

さらにスティックペイ以外だと出金手数料は一切かかりません。高額出金・高速出金では双璧をなすエルドアカジノがすべての出金方法で手数料を徴収していることを踏まえると、ワンダーカジノはハイローラーにとって最も使い勝手が良いオンラインカジノと言えるでしょう。

ワンダーカジノならば出金に関してストレスを味わう心配はありません。どれだけ高額の賞金を手にしたとしても、一括で、なおかつ超高速で出金処理を施してくれます。

ワンダーカジノのボーナスに関する悪い評判

ワンダーカジノは2021年以降ボーナス充実度を高めたことでユーザーから好評を集めています。

しかしボーナスも完全無欠ではありません。ワンダーカジノのボーナスに対してはどのような悪い評判が見られるか、詳しく紹介します。

ワンダーカジノの誕生日ボーナスは申請が必要

ワンダーカジノの目玉となるボーナスの1つが、毎年VIPランクに応じて貰える誕生日ボーナスです。

ワンダーカジノの誕生日ボーナス

しかし誕生日ボーナスは自動的に進呈される訳ではなく、ユーザー自身の申請が必要ということで悪い評判が見られました。

確かにせっかくの誕生日ボーナスくらい、貰い忘れがないように自動進呈にしてほしいというのがユーザーの本音です。

誕生日当月の1日からボーナスは申請できますので、貰いそびれがないように早めに手続きをしておきましょう。なお、受け取った誕生日ボーナスは1倍の出金条件をクリアすることで出金できます。

バースデーボーナスの1倍分以上のベットを行って頂いた後、お引き出し頂くには当年の合計入金額が$100以上の必要が御座います。年間の合計入金額が$100以下の場合にはご入金後、ご入金額の1倍分以上のベットを合計で行って頂ければお引き出し頂けます。

引用元:バースデーボーナス (casino-wonder.com)

なお過去1年間に累計100ドル以上の入金実績も必要となるので、ほとんどワンダーカジノを利用していないという場合には注意してください。

ワンダーカジノのボーナスはベットリミットはないもののフリースピン購入はできない

ワンダーカジノで貰えるボーナスにはベットリミットがありません。しかし完全に自由な賭けができるわけではなく、スロットのフリースピン購入機能を利用することは禁じられています。

・本プロモーションはボーナスゲームの購買(フリースピンを含む)は禁止となります。

引用元:初回入金ボーナス (casino-wonder.com)

ベットリミットがないことの最大のメリットはフリースピン購入ができるということだけに、多くのユーザーからは悪い評判を集めているポイントです。

ライブゲームで高額ベットができるというメリットこそありますが、消化率は15%とかなり低めに設定されているため、ガンガン高額ベットで攻めてもなかなか出金条件を消化することはできません。

実際にスロットのフリースピン購入機能を使おうとすると、特に告知などは出てこないため、ボーナス保有中はベースゲームでのみプレイするということをユーザー自身の責任で徹底しておく必要があります。

【ワンダーカジノのボーナスに関する現実】ボーナス充実度が高く、特にリベートボーナスが大きな魅力

ワンダーカジノのボーナスに関しては、悪い評判よりもむしろ良い評判の方が多く見られます。というのもワンダーカジノはボーナス充実度が非常に高いためです。

初回入金時に最大500ドルを貰えるほか、アカウント登録時の30ドルボーナス、毎月貰えるスロット専用ボーナス、さらに損失発生時のキャッシュバックなどもあります。

またワンダーカジノのボーナスにおいて見逃せないのはリベートボーナスです。

リベートボーナスは1週間あたりで稼ぐことができ、最高で1.55%という業界随一のハイレートが適用されます。その他VIP関連のボーナスも充実しており、ハイローラーならばワンダーカジノをメインカジノとして利用する価値も小さくありません。

ワンダーカジノのゲームに関する悪い評判

ワンダーカジノでは様々なゲームをプレイすることができます。ゲーム面に関しても、いくつか悪い評判が見られるので解説します。

ワンダーカジノはプロバイダごとにウォレットが分かれており資金管理が面倒

ワンダーカジノが悪い評判を最も集めているポイントと言っても過言ではないのが、プロバイダごとに異なるウォレットがあるということです。

プロバイダごとに異なるウォレットで資金管理

トータルでは十分な資金を保有していたとしても、自分がプレイしようとしているゲームを開発しているプロバイダのウォレットに資金がない場合には、ゲームでベットすることはdきません。

そのためプレイするゲームに応じて、ゲーム起動前に資金を当該プロバイダ専用のウォレットに移しておく必要があります。

同様のシステムを採用しているオンラインカジノはいくつかありますが、ハッキリ言って何のメリットもない仕様なので、酷評しか見られません。

ボーナスも選択したプロバイダのゲームでしか利用できなくなるというデメリットがあります。

ワンダーカジノはゲーム検索機能が乏しい

ワンダーカジノはゲームの検索性能が乏しいことでも悪い評判が見られました。

実際に利用可能な検索方法をチェックしてみると、ゲーム名での検索とプロバイダでの絞り込みに加えて、ペイライン数での検索のみしか利用できません。

ワンダーカジノのゲーム検索機能

ペイラインでの検索も、最もユーザーが使いたいであろう「メガウェイ」での検索には対応していないとあって、かなり使い勝手が悪いという印象を抱いてしまいます。

ボラティリティやヒット率などによるスロットの検索ができないため、スロット選びにおいてミスマッチが生じてしまわないよう注意しましょう。

ワンダーカジノは採用しているプロバイダ数がかなり少ない

ワンダーカジノは採用プロバイダが少ないということでも悪い評判が見られます。スロットとライブゲームでそれぞれ採用しているプロバイダは以下の通りです。

ゲームプロバイダ
スロットCQ9
Golden Hero
NetEnt
Thunderkick
Microgaming
Push Gaming
Blueprint
Red Tiger
Yggdrasil
Pocket Games Soft
Playtech
Play’n GO
Ameba
Pragmatic Play
Relax Gaming
No limit City
Big Time Gaing
ライブゲームSA Gaming
Microgaming
Playtech
Evolution Gaming

ある程度主要なプロバイダは網羅している印象ですが、30~40社程度のプロバイダを採用するオンラインカジノが多いことを踏まえると、やや物足りない印象を受けます。

またKalamba Gamesなど一部の人気スロットプロバイダが非採用である点も、残念なポイントの1つです。

【ワンダーカジノのゲームに関する現実】新作ゲームの導入は比較的早い

ゲーム面に関しては色々と悪い評判もありますが、割と新作ゲームがスムーズに導入される点はワンダーカジノのゲーム面における高評価ポイントです。他のオンラインカジノに先んじて独占先行配信をするということはあまりないものの、Play’n GOやPragmatic Playなどの人気プロバイダからリリースされる新作ゲームはスムーズに導入されます。

そのため既存のゲームに飽きてしまったという場合でも、続々と導入される新作ゲームをプレイしておけば、飽きが来ることはありません。

スロットもライブゲームもすべてトーナメントの対象ゲームになりますので、好きなゲームでのプレイを通じてトーナメント賞金獲得も目指してみましょう。

ワンダーカジノのVIPプログラムに関する悪い評判

ワンダーカジノには非常に豪華なVIPプログラムもあります。しかしVIPプログラムの内容に関しても、一部には悪い評判が見られました。

ワンダーカジノのVIPランクは昇格条件を満たしてもすぐに反映されるわけではない

ワンダーカジノでは以下の通りVIPランクごとの昇格条件を定めています。

VIPランク昇格条件(月間ベット額)
エコノミーなし
ビジネスクラス5万ドル
ファーストクラス10万ドル
レジデンスクラス50万ドル
スイートクラス不明

定量的に条件が定められている点は分かりやすいということでユーザーからも好評です。しかし所定の条件をクリアしたとしても、すぐに出金できる訳ではないということについては悪い評判が見られました。

実際に条件をクリアしてもVIPランクが昇格できるのは翌月3日からです。

当サイトのVIP昇格条件はクラスごとに月間ベット額のみで計算されます。VIPクラスの昇格は月毎の査定で条件を満たしたプレイヤー様を来月にVIPクラスを昇格いたします。

※ VIP昇格条件の集計期間は当月の2日から来月の1日までになります。

※ VIPクラスの昇・降格については毎月3日の17:00(GMT+8)に行われております。

引用元:VIPプログラム業界No.1|ワンダーカジノ(WONDER CASINO) (casino-wonder.com)

仮に9月10日の時点でトータルで10万ドル以上のベットが完了していたとしても、ファーストクラスとしての恩恵を受けられるようになるのは10月3日以降となります。

ハッピースターなど一部のオンラインカジノでは即日VIP昇格も可能であるだけに、ややワンダーカジノが見劣りしてしまうポイントです。

月間のベット条件を満たさないとVIPランクが降格することもある

ワンダーカジノのVIPプログラムは累積制ではなく、月間のベット実績によって決まります。

そのため一度ランクを昇格したとしても、翌月以降で所定の金額以下でしかベットをできなかった場合には、ランクが降格するという点で悪い評判があります。

せっかく昇格できても継続して利用し続けなければ、VIPランクを維持することはできなくなってしまいます。

例えば8月は夏休みのおかげで十分なプレイ時間を確保でき、その結果VIPランクを昇格できたとしても、9月以降忙しくなってくるとランクが降格するということも十分考えられます。

ワンダーカジノのVIPランク昇格

ワンダーカジノではVIPランクを昇格させると記念にボーナスが貰えますが、もちろん対象は1回のみです。一度ランクが降格した後に再昇格したとしても、ランクアップボーナスの対象外となってしまうので注意してください。

【ワンダーカジノのVIPプログラムに関する現実】得られる特典内容は業界でもトップ水準

VIPプログラムはどれだけ悪い評判が多いとしても、やはり魅力度の大きいプログラムです。ワンダーカジノで受けられるVIP特典は他のVIPプログラムが充実しているオンラインカジノに勝るとも劣りません。

特に最上位の「スイートクラス」に昇格できれば、毎週とにかくリベートボーナスを稼ぐだけで、生計を立てるのみならずかなりぜいたくな暮らしもできるようになるでしょう。「本気でオンラインカジノを通じて不労所得を稼ぎたい」と考えているのであれば、まずは徹底的にワンダーカジノでのプレイを極めてVIPランクを昇格させ、後はリベート稼ぎを徹底するというスタイルが最も近道になるでしょう。

その他具体的な情報はありませんが、特別イベントに招待されたり、豪華なガジェット製品がプレゼントされたりする可能性もあります。総合的に見て、メインカジノとして利用する価値も非常に高いオンラインカジノです。

ワンダーカジノのトーナメントに関する悪い評判

ワンダーカジノは2021年以降、定期的にトーナメントを開催するようになったことで注目を集めるようになりました。しかしトーナメントに関しても、いくつか悪い評判が見られます。

具体的にどのような内容の悪い評判が見られるのか、詳しく紹介します。

ワンダーカジノのトーナメントは月に3回しか開催されない

ワンダーカジノではトーナメントが定期的に開催されるとは言え、開催頻度が1か月間に3回だけという点で悪い評判があります。

毎月第2週にライブゲームを対象とした「ライブトーナメント」が、毎月第4週にスロットを対象にした「スロットトーナメント」がそれぞれ開催されます。

ワンダーカジノのトーナメント

また第5週にはすべてのゲームを対象とした「エキシビジョントーナメント」が開催されます。

ワンダーカジノの「エキシビジョントーナメント」

それぞれ1週間単位のトーナメントです。つまり1週目と3週目にはワンダーカジノで一切トーナメントが開催されないということになります。

最近は常時何かしらのトーナメントを開催しているオンラインカジノも増えているため、できればワンダーカジノにももう少しトーナメントの開催頻度を高めてほしいところです。

ワンダーカジノのトーナメントで勝てるのはハイローラーだけ

ワンダーカジノのトーナメントは、すべてベット額で順位を競います。そのため小資金プレイヤーには勝ち目がなく、ハイローラーがいつも勝つばかりという悪い評判があります。

例え資金が少ないプレイヤーが好調を維持して上位をキープしていても、莫大な資金力を有するプレイヤーが一気に高額ベットをすれば、たちまち順位は逆転されてしまいます。

ボンズカジノなどのように、トーナメント下位のプレイヤーにブーストがかかって一気に上位に行けるというような特殊フィーチャーもありません。

ハイローラーにとってはリベートボーナスがあるだけに、トーナメントくらいは小資金プレイヤーでも勝ちやすいマルチプライヤー方式を採用してほしかったというのが多くのユーザーの本音です。

ハイローラー向けオンラインカジノの割に賞金総額が小さい

ワンダーカジノのトーナメントは、上位に入賞しても得られる賞金額が小さすぎるということでも悪い評判が見られました。実際に各トーナメントにおいて用意されている賞金額は以下の通りです。

ワンダーカジノのトーナメント賞金額

1位賞金の2000ドルという金額は決して小さくはないものの、ハイローラー向けのオンラインカジノとしてはどうしても物足りない印象を受けます。

また賞金を貰えるのが30位までということで、若干賞金圏が狭い点も残念なポイントです。

上述した通りトーナメントの開催頻度がそこまで高くないだけに、1回あたりのトーナメント賞金はもう少し豪華にしないと、他のオンラインカジノに比べて見劣りしてしまう印象を受けます。

ワンダーカジノはトーナメント賞金に対して出金条件が付帯する

ワンダーカジノのトーナメントは、せっかく上位に入賞して賞金を獲得しても所定の条件を消化するまで出金できないという点にも悪い評判が見られます。

出金条件は5倍です。トーナメント賞金に出金条件が付帯するとしても1倍がせいぜいというのがオンラインカジノ業界の通例だけに、5倍の出金条件は業界ワーストレベルの厳しさと言っても過言ではありません。

そのためトーナメントで上位フィニッシュしても、まだ喜ぶのは早いです。賞金獲得後に出金条件をクリアできて初めて、ワンダーカジノのトーナメントで勝利したことの恩恵を受けられるようになります。

【ワンダーカジノのトーナメントに関する現実】新設されたばかりだけに今後の充実度アップに期待

元々ワンダーカジノはトーナメントが開催されないオンラインカジノでした。しかし業界全体でトーナメント人気が非常に高いことなどを受け、2021年よりトーナメントが順次開催されるようになっています。

要はワンダーカジノはまだまだトーナメントの開催実績が浅いということです。今は運営リソースの範囲で無理のないようにトーナメントを開催しているという状況なのでしょう。

そのため今後軌道に乗ってくれば、上述したような悪い評判の内容も克服される可能性があります。これまでも様々な面においてワンダーカジノはユーザーファーストの改善を見せているため、トーナメントに関しても充実度が高まる期待大です。

今後の動向を注視した上で、賞金額が増額された時などは積極的に参加してみるようにしましょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事にコメントする