ネットベットの入金方法!入金反映時間・限度額・手数料を徹底解説

ネットベットの入金方法!入金反映時間・限度額・手数料を徹底解説

ネットベットでカジノやスポーツの賭けを楽しむためには、まず資金をアカウントに入金する必要があります。本記事ではネットベットで利用できる入金方法について入金反映時間・限度額・手数料など詳しく解説してみました。

かじの先生
後半ではネットベットのボーナスや入金後に行うべき手続きなども解説するので是非参考にしてください。
▽入金手段で選ぶカジノ▽
▷入金(TOP)▷エコペイズ
銀行振込▷ヴィーナスポイント
▷クレジットカードマッチベター
▷仮想通貨▷アイウォレット

ネットベットで利用できる入金方法一覧

7つの入金方法に対応しているネットベット

本記事を執筆している2021年8月末時点において、ネットベットでは以下の方法により資金を入金することができます。

入金方法入金時間限度額手数料
クレジットカード▽即時ブランドによる無料
エコペイズ▽即時10ドル~1万ドル無料
ヴィーナスポイント▽即時10ドル~1万ドル無料
アイウォレット▽即時10ドル~1万ドル無料
アストロペイ▽即時10ドル~1000ドル無料
マッチベター▽即時10ドル~1万ドル無料
エコバウチャー▽即時10ドル~250ドル無料

選択肢自体は多いものの、銀行振込やスティックペイ、仮想通貨が使えないなど、物足りなさがある点は否めません。

ネットベットの各入金方法の反映時間・限度額・手数料

ネットベットで利用できる各入金方法について、反映時間や限度額、手数料などを詳しく解説します。

ネットベットのクレジットカード入金:手元に資金がなくてもゲームをプレイできる入金方法

ネットベットのクレジットカード入金
入金反映時間即時
入金限度額VISA:10ドル以上2000ドル以下
マスターカード・JCB:10ドル以上2500ドル以下
入金手数料無料

ネットベットの入金にはVISA、JCB、マスターカードの3ブランドのクレジットカードを利用できます。クレジットカードがあれば手元に資金がない時でもネットベットに入金し、ゲームをプレイできるため非常に便利です。

しかしサイトの暗号化システムはECC256Bitsとやや脆弱なシステムを採用しています。

ネットベットのセキュリティシステム

一応取引情報は暗号化されるものの、同様のシステムを採用している10betではカード情報の流出による不正利用事例が相次いでいるだけに、実際に利用する際には注意が必要です。

ネットベットのエコペイズ入金:複数のオンラインカジノで対応している入金方法

ネットベットのエコペイズ入金
入金反映時間即時
入金限度額10ドル以上1万ドル以下
入金手数料無料

ネットベットではエコペイズを使って入金できます。入金上限額は1万ドルとなかなか高額です。

エコペイズは他のほぼすべてのオンラインカジノでも利用できます。そのため複数のオンラインカジノを併用したいと考えているプレイヤーには特におすすめです。

なおエコペイズ側でアメリカドルウォレットを開設しておくと、より便利にネットベットの入出金を行うことができます。

アメリカドルウォレットは便利

ネットベットのヴィーナスポイント入金:出金時間が遅いでの相性がよくない入金方法

ネットベットのヴィーナスポイント入金
入金反映時間即時
入金限度額10ドル以上1万ドル以下
入金手数料無料

ネットベットではヴィーナスポイントでの入金も可能です。ネットベットはアメリカドルでしか資金管理ができないため、ドルと等価のptという単位で資金管理ができるヴィーナスポイントは相性の良い入金手段と言えます。

しかしネットベットの出金は非常に遅いため、ポイントバック稼ぎにはあまり効果を発揮しません。

後述するように500ドル以上の出金には手数料もかかってくるだけに、ポイントバック目的で入出金を行っていると逆に損失が生じる可能性もあります。

ネットベットのアイウォレット入金:クレジットカード入金に対応した決済方法

ネットベットのアイウォレット入金
入金反映時間即時
入金限度額10ドル以上1万ドル以下
入金手数料無料

ネットベットではアイウォレットでの入金もできます。アイウォレットにはクレジットカードによる入金オプションがあります。

アイウォレットのクレジットカード入金オプション

そのためネットベットに直接クレジットカードで入金するのに抵抗がある場合にはおすすめです。アイウォレットでは2段階認証も設定できるため、ネットベットへの入金時にもかなりセキュリティを高くすることができます。

アイウォレットのセキュリティ

ネットベットのアストロペイ入金:入金限度額が少し低い決済方法

ネットベットのアストロペイ入金
入金反映時間即時
入金限度額10ドル以上1000ドル以下
入金手数料無料

ネットベットではアストロペイを使った入金もできます。しかし入金上限額は1000ドルとかなり低めに設定されていることを始め、他の決済サービスと比べて見劣りする部分が少なくありません。

そのため数ある入金手段の中から、わざわざアストロペイを選ぶことのメリットはほとんどないのが現実です。

ネットベットのマッチベター入金:電話番号で口座開設ができる決済方法

ネットベットのマッチベター入金
入金反映時間即時
入金限度額10ドル以上1万ドル以下
入金手数料無料

ネットベットの入金にはマッチベターも利用できます。マッチベターは電話番号1つで口座を開設できるという手軽さが大きな魅力です。

加えてネットベットの入金時にはマッチベターのアプリで承認する手続きが必須となるため、安全性も非常に高いと言えます。

しかしマッチベターにクレジットカード入金した資金はオンラインカジノへの入金に使えなくなってしまったなど、使い勝手が悪い部分があるのも現実です。

そのためエコペイズやヴィーナスポイントを差し置いてまでマッチベターを利用することのメリットはあまりありません。

ネットベットのエコバウチャー入金:入金上限が低く手数料が高い決済方法

ネットベットのエコバウチャー入金
入金反映時間即時
入金限度額10ドル以上250ドル以下
入金手数料無料(エコバウチャー購入時に発生)

ネットベットの入金手段にはエコバウチャーもありますが、一切利用はおすすめできません。というのも入金上限が250ドルとかなり小さい上に、最大15%程度の手数料がかかってくるためです。

エコバウチャーを使って入金すると、既に大きく負けた状態からスタートすることになります。どのような事情があるにせよ、数ある選択肢からわざわざエコバウチャーで入金することは愚策と言わざるを得ません。

ネットベットの入金方法・手順

ネットベットの入金手順を画像付きで解説していきます。ネットベットにログインができたら画面左上の三本線のメニューボタンをタップしてください。

画面左上の三本線のメニューボタンをタップ

そして「入金」というメニューバーをタップします。

「入金」というメニューバーをタップ

まずは入金方法の選択を求められます。

入金方法の選択

利用したい入金方法の文字をタップしてください。今回はヴィーナスポイントにより入金するケースで解説します。

ヴィーナスポイント入金時には以下の情報入力が必要です。

ヴィーナスポイント入金時の入力情報

ヴィーナスポイントの口座番号、ヴィーナスポイントのパスワード、そして入金希望額を入力した上で、画面下部に表示される「$〇〇〇の入金を確定する」というメニューをタップします。

入金希望額以上の残高がヴィーナスポイントにあれば、すぐに入金は実行され、即時ネットベットのアカウントに入金が反映されます。

ネットベットの入金で貰える主なボーナス

ネットベットでは他のオンラインカジノと同じように、お得なボーナスを受け取ることができます。具体的にどのようなボーナスがあるのか、詳しく紹介していきます。

初回入金で最大500ドルが貰えるネットベットのウェルカムボーナス

ネットベットのウェルカムボーナス

ネットベットの新規登録者は初回から3回目までの入金を通じて合計500ドル分のボーナスを受け取ることができます。以前はトータルで1600ドル分のボーナスが貰えたことを踏まえると、減額されている点は難点です。

しかしネットベットのボーナスはリアルマネーとは別々に管理される「分離型」なので特に受け取るデメリットはありません。

ネットベットのボーナスはリアルマネーとは別々に管理される「分離型」

ボーナスの消化状況に関わらず、リアルマネーは好きなタイミングで出金することができます。

日替わりで貰えるネットベットの入金ボーナス

ネットベットの日替わり入金ボーナス

ネットベットには曜日ごとに内容が異なる入金ボーナスもあります。毎日ボーナスが貰えるオンラインカジノというのはあまり多くないだけに、ボーナス好きには見逃せません。

特に月曜日は様々な用途に利用できるネットポイント(コンプポイント)を1万ポイントも獲得できます。本来1万ポイントを稼ぐには最低でも1000ドルのベットが必要となるだけに必見のプロモーションです。

ネットベットに入金完了した後にすべき手続き

ネットベットに入金完了した後にすべき手続き

ネットベットへの資金の入金が完了したら、今度は稼いだり出金したりするためにいくつか必要な手続きがあります。具体的にどのような手続きをする必要があるのか、詳しく解説します。

ネットベットは本人確認手続きが必須

ネットベットでは本人確認を必須としています。間違いなくアカウント名義人本人がネットベットを利用しているということを証明するためです。

12.4 資金洗浄を回避するため、入金取引にはすべて”KYC”認証プロセスが適用されます。疑わしい取引に関しNetBetは関連当局に報告するものとします。

引用元:利用規約 | NetBet Casino

事前に運転免許証やクレジットカードの利用明細書などの提出が完了しているとしても、新たな入金手段を利用した場合には別途手続きが必要です。手続き自体は、ネットベットにログイン後マイアカウントから行うことができます。

マイアカウントから書類をアップロード

引っ越しや結婚などにより登録時と情報が異なっている場合には、必ず最新情報に更新した上で手続きを行ってください。

ちなみにネットベットの本人確認審査は非常に長い時間がかかります。

筆者が2020年に手続きをした際は、実に1週間近くも待たされました。出金直前で慌てないようにするために、なるべく早い段階で手続きを済ませておくようにしましょう。

出金に備えて最低出金条件をクリアする

ネットベットに資金を入金した後は、出金できる状態にするために最低出金条件をクリアする必要があります。

一般的にオンラインカジノの出金条件は「入金額と同額以上のベット」ですが、ネットベットの場合は異なる規定が適用されるので注意してください。

13.18 前述の条項にかかわらず、プレイヤーは出金要請を行う前に入金額と最低同額の勝利金を獲得する必要があります。出金要請前にこれが達成されていない場合、NetBetは独自の裁量により、入金・出金時に発生した費用を補うため事務手数料として入金額の10%をプレイヤーに請求する権利を保持します。

引用元:利用規約 | NetBet Casino

具体的には入金額と同額以上の勝利金を獲得することが条件です。

例えば100ドルを入金した場合は、最低でも100ドル以上の勝利金を得る必要があります。単に入金額と同額をベットするだけでは物足りないこともあるので注意してください。

万が一最低条件を満たさずに出金申請をした場合、手数料として10%が差し引かれる可能性もあります。

また最低出金条件に関しては以下のような規約もあります。

13.17 プレイヤーがEウォレットでの入金には、アンチマネーロンダリングにより追加義務が課せられる場合があり、入金額に対して一定の割合額をベットする必要があります。賭け額の割合は20%以上である必要があります。

引用元:利用規約 | NetBet Casino

入金額と同額以上の勝利金を獲得したとしても、最低入金額の20%はベットする必要があるということです。

仮にスロットでプレイして数スピン目で入金額と同額以上の大勝利をゲットしたとしても、必ず入金額の20%分は賭けを行うことを心がけましょう。

定期的にネットベットのログインパスワードを変更してアカウントセキュリティを保つ

ネットベットにはGoogle認証アプリやEメール、SMSなどを利用した2段階認証システムがありません。そのため万が一ログイン情報が漏えいした場合、第三者にアカウントをハックされる可能性があります。

アカウントをハックされると不正に資金を引き出されるなどのリスクがあるため、プレイヤー自身できちんとセキュリティ対策をすることが重要です。

具体的にできる対策としては、定期的なパスワード変更が挙げられます。

定期的なパスワード変更

パスワードの変更はネットベットのログイン後、マイページから手続きが可能です。なるべく英数字を混在させた複雑なパスワードを設定し、安易に第三者に推測されないようにしましょう。

ネットベットの出金手数料も見据えて勝ちすぎないよう注意する

ネットベットの入金後に気を付けたい点として、勝ちすぎないようにするということも挙げられます。

というのもネットベットから出金する場合、500ドル未満だと手数料が無料であるのに対して、500ドル以上は1.5%の手数料が発生してしまうためです。

500ドル以上は1.5%の手数料が発生

手数料の上限金額は定められていないため、出金額が大きくなるのに比例して手数料も大きくなります。

どれだけ高額でも手数料無料で出金できるオンラインカジノも多くあるだけに、出金手数料がかかる点はネットベットの大きなデメリットです。

499ドル以下で複数回に分割して出金をしても、結局トータルの金額で手数料を科されてしまいます。

1.5%の手数料は出金総額に適用されます。複数の異なる出金方法で出金が分割されて行われた場合、要求された合計出金額に基づいて手数料が計算され、出金の分割率に比例して手数料が適用されます。

引用元:利用規約 | NetBet Casino

おまけに出金スピードもかなり遅いだけに、ネットベットの出金面にはあまり期待しすぎてはいけません。

ネットベットで入金できない時の原因及び対策を解説

ネットベットで資金を入金しようと思っても、様々な原因によって入金できないことがあります。入金できなければゲームでプレイすることもできないため、しっかりと原因を潰して対策していくことが重要です。

具体的にはネットベットに入金できない時に考えられる原因や対策について、詳しく解説します。

入金に利用したクレジットカードが有効期限当月になっている

ネットベットでクレジットカード入金をする場合、カードの有効期限が過ぎているともちろん入金できません。加えて有効期限当月でも、20日以降はネットベットの入金に使えなくなります。

13.4.1 有効期限切れのクレジット/デビットカードへ対する送金が未完了になることを防ぐため、NetBetはカードの有効期限の当月20日よりそのカードでの取引を一切行いません。

引用元:利用規約 | NetBet Casino

「有効期限がギリギリ今月だから大丈夫」と思っていても、ネットベットでの入金は弾かれてしまう可能性があるので注意が必要です。

クレジットカードのセキュリティが発動して入金できない

ネットベットに限らず多くのオンラインカジノでは、クレジットカード入金時にセキュリティが発動して決済が拒否されることがあります。

カード不正使用検知システム

三井住友カードでは、「カード不正使用検知システム」を使って、カードが不正利用されていないかどうか365日24時間モニタリングしています。万が一、不審なカード取引の可能性があると判断した場合は、取引を保留したり、カード会員へ直接連絡してご本人の利用かを確認したりして、カードが不正に使われないようにしています。

引用元:セキュリティコードとは?クレジットカードの安全性と不正利用防止策|クレジットカードの三井住友VISAカード (smbc-card.com)

ネットベットへの入金は海外加盟店での利用にカテゴライズされたり、高額の決済になりやすかったりするなど、何かと不正利用と見なされるケースが多いためです。

万が一セキュリティが発動した場合には、自分自身の手続きで解除する必要があります。

管理会社に対して間違いなく自分自身の利用であることを証明できれば、再度の手続きにおいてセキュリティが発動することはなく、ネットベットへの入金も可能です。

自分が設定した期間あたりの入金額を超過している

ネットベットではプレイヤー自身が期間あたりの入金上限額を設定することができます。

ネットベットの自己規制

1回か累積かに関わらず、制限した以上の金額を入金しようとしている場合には、当然入金できません。そのため設定した期間が経過するのを待つか、そもそもの入金制限額を緩和する必要があります。

しかし入金制限の緩和をした場合、反映まで最長で24時間を要する可能性があります。

限度額を増やした場合は設定してから24時間以内に適用され、限度額を減らした場合は即日適用となります。

引用元:ネットベットアカウント管理画面

制限を緩和すればすぐに入金可能になるわけではないということに注意してください。

誤ってネットベットのスポーツブックウォレットに入金をした

ネットベットはスポーツ部門とカジノ部門のウォレットを完全に分けています。そのためカジノでプレイしたいのに、誤ってスポーツ部門のウォレットに入金していた場合には、当然プレイができません。

誤ってスポーツブックのウォレットに入金してしまった場合には、ウォレット振り替えの手続きを行う必要があります。

実際にネットベットのアカウント上でウォレット振り替えを行うためには、まずネットベットにログインして画面右下の「・・・詳細」というメニューをタップしてください。

画面右下の「・・・詳細」をタップ

次に下記の財布のようなアイコンをタップします。

財布のようなアイコンをタップ

次に「資金振替」というメニューを選択してください。

「資金振替」というメニューを選択

すると以下の通り資金振替のページへと遷移します。

資金振替のページ

左側には振り替え元のウォレットとして「スポーツ」を、右側には振り替え先のウォレットとして「カジノ/ライブカジノ/宝くじ/ポーカー」を選択してください。

「カジノ/ライブカジノ/宝くじ/ポーカー」を選択

そしてウォレットの振替を行いたい金額を入力した上で、「資金振替」という文字をタップします。

処理が実行されると、即時ウォレット間の資金移動が行われます。万が一スポーツウォレットに誤入金したとしても、簡単な手続きにより問題を解決することができます。

決済手段の利用可能額以上の入金をしようとしている

ネットベットに入金できない理由としては、決済手段側で定められている利用可能額を超過している可能性も考えられます。例えば利用限度額が10万円のクレジットカードを使って15万円を入金しようとしても、当然できません。

利用可能額超過が入金エラーの原因である場合には、入金希望額を減額したり、決済手段側で限度額を緩和したりする対策が必要です。

多くのクレジットカードには、一時的に利用可能枠を増額するオプションが付帯しているので、必要な場合は有効に活用するようにしましょう。

ネットベットで入金手続きが完了したと勘違いしている

ネットベットに入金できないのは、手続きが未了なのに既に手続きが完了したと勘違いしている可能性もあります。

例えば3Dセキュアを設定しているクレジットカードを使う場合には、単にカード情報を入力するだけではなく、2段階目の認証も完了しないと入金は反映されません。

2段階目の認証も完了しないと入金は反映されない

自分自身で手続きが完了したと思っているのに、うまくネットベットのアカウントに反映されていない場合には、ページをリロードしてみたり、一旦ログアウトした上で再度ログインしたりすることで確認してみるようにしましょう。

ネットベット入金時の必要情報入力が誤っている

ネットベットに資金を入金する際には、決済手段に関する様々な情報を入力する必要があります。

決済手段に関する様々な情報を入力する

必要な情報を誤って入力してしまった場合には、当然適正に入金することはできません。早くプレイしたいという気持ちから焦って情報を入力するのではなく、正しい情報を確実に入金するということを心がけましょう。

ボーナスアビューザー認定を受けるなど入金できない状態になっている

上述した通りネットベットでは毎日異なるボーナスを受け取ることができます。ボーナスを通じてお得にプレイしたいと考えている方にとっては、利用価値も非常に高いオンラインカジノです。

しかしあまりにボーナスを活用しすぎると、ボーナスアビューザーとして認定されてしまう可能性もあります。具体的に利用規約をチェックしてみましょう。

14.25 NetBetは独自の裁量によりプレイヤーがNetBet(またそれに限らずパートナー)からのオファーを乱用しているとみなすことがあり、下記によりプレイヤーを「ボーナスシーカー」を認定できる権利を保持します:

14.25.1 ボーナスのみを利用してのゲームプレイ。

14.25.2 プレイヤーのボーナス総額が入金総額を超過する場合。

14.25.3 プレイヤーが、24時間以内に2つ以上のボーナスを利用してプレイすること。

14.25.4 プレイヤーがアカウントに入金することなく、ボーナスを使用して€/$200以上に達するゲームプレイを行うこと。

14.25.5 プロモーションを受け取るために行われた入金額を出金し、ボーナスのみでゲームプレイを行うこと。

14.25.6 プレイヤーが繰り返しプロモーションを使用すること。

14.26 NetBetがプレイヤーを「ボーナスシーカー」とみなした場合、プレイヤーはその後のプロモーション、ボーナスを受け取ることができず、更にNetBetはプレイヤーのアカウントを閉鎖、ブロックし、すべての取引を取り消すことができる権利を保持します。

引用元:利用規約 | NetBet Casino

ボーナスアビューザー認定を受けると、ボーナスを受け取れなくなったり、入金できなくなったりする可能性があります。しっかりと規約をチェックした上で、規約の範囲内でボーナスを利用するように心がけてください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事にコメントする