ブラックジャックの連勝狙いの攻略法

ブラックジャックの連勝狙いの攻略法

ブラックジャックは「ディーラーと勝負できる」という面白さがあり、戦略によって勝つことができるゲームです。

今回は初心者でもブラックジャックで稼ぐことができるシステムベッドの戦略をご説明します。

オンラインカジノをライブカジノで比較!おすすめライブカジノ

オンラインカジノをライブカジノで比較!おすすめライブカジノ

2020年7月16日

ブラックジャック戦略を実践する難しさ

ブラックジャックの難しさ

ブラックジャックには「カードカウンティング」という必勝法が存在します。

カードカウンティングは禁止行為

カードカウンティングはプレイヤーにとって必勝法ですが、カジノにとっては不利になるため、多くのカジノではカードカウンティングが禁止行為とされています。

カードカウンティングとは、配られたカードの数字を記憶して、まだ配られていないカードの中にハイカード(10、J、Q、K)が何割程度残っているのかを数える方法です。

【関連記事】
ブラックジャックのルール、遊び方(流れ)、役について

カードカウンティングの仕組み

ディーラーには、手札の合計数が17以上になるまではヒットを続けなければならないというルールがあります。対してプレイヤーはヒットするかスタンドするかは自由です。

※ヒット:カードを引くこと
※スタンド:カードは引かずに手札はそのままにすること

すると、まだ配られていないカードの中にハイカード(10、J、Q、K)の割合が多くなるほど、プレイヤーには有利になります。

この有利な状態になった時に賭け金を増やすのが、カウンティングの仕組みです。

オンラインカジノでのカードカウンティング

オンラインカジノではカードカウンティングができるのでしょうか?

基本的にオンラインカジノでは、ブラックジャックにおけるプレイヤーのベットを細かくチェックしていないようです。

ただ、その代わりにシューボックスの残数が少なくなる前にシャッフルし、カードカウンティングの精度が高まることを回避しています。

※シューボックス:まだ配られていないカードが残るボックス
※シャッフル:シューボックスのカードを入れ替えること

この対策によって、オンラインカジノではブラックジャックでプレイヤーが考える戦略に対抗していることになります。

『関連記事』
ブラックジャックでおすすめのオンラインカジノ【8選】

ブラックジャックで勝つ確率を計算

ブラックジャックは確率的に不利な理由

ブラックジャックは、プレイヤーにとって確率的に不利な状態でプレイすることになります。

プレイヤーが勝つ確率を計算するには、ディーラーがバーストする確率を計算すれば算出できます。

ここでは、ブラックジャックの戦略を語る以前の「ブラックジャック」そのものの勝率について説明していきます。

『関連記事』
オンラインカジノは儲かる!儲けるならブラックジャックがおすすめ

ディーラーがバーストしてプレイヤーが勝つ確率

ディーラーがバーストする確率は、アップカードによって異なり、次のように計算できます。

※アップカード:表にしたディーラーのカード

ディーラーがバーストする確率
アップカード確率
A11.65%
235.30%
337.56%
440.28%
542.89%
642.08%
725.99%
823.86%
923.34%
121.43%
J21.43%
Q21.43%
K21.43%

算出方法によって確率が少し変わりますが、「A~K」の確率を平均するとディーラーがバーストする確率を計算できます。

 (11.65+35.30+37.56+40.28+42.89+42.08+25.99+23.86+23.34+21.43×4)÷13=28.31(%) 

 

つまりディーラーがバーストしてプレイヤーが勝つ確率は、30%以下ということになります。

対して勝った時に得られるリターンは、2倍の配当金です。1ドル賭けて勝てば2ドルが得られるということです(利益は1ドル)。その期待値は、 2×28.31÷100=0.5662 となります。

つまり1ドル賭けて平均で0.56ドルしか受け取れないというわけです。これは毎回1ドルずつ賭けた場合の話ですが、この額では連勝しない限りブラックジャックで結果が出ません。

プレイヤーにとって不利な状況が分かると思います。

ブラックジャックで勝つのが確率的に不利な理由

実際にはプレイヤーがどんなカードを引くかによって、ディーラーがバーストする確率は変動します。

そのため、ブラックジャックでは、戦略を用いずに勝負すると長期的には表にあるディーラーがバーストする確率に近いものになるでしょう。

偶然の勝ちが続くこともあるかもしれませんが、回数を重ねるごとに勝率は落ち着いてしまいます。

さらにシューボックス内のデッキが多くなるほど、プレイヤーに配られるカードによる影響力は小さくなります。

※シューボックス:まだ配られていないカードが残るボックス
※デッキ:カードの組数

ブラックジャック戦略の基本

ブラックジャックで取りうる戦略

ブラックジャックで勝つ確率は3分の1以下。配当は2倍です。カジノでカウンティングが禁止されていることも考えるとブラックジャックの戦略で必要なのは、システムベットです。

システムベットとは、一定のルールに従って賭け金を変えていく仕組みのことです。

このシステムベットには主に2つのパターンがあります。

パターン1:期待値に従って利益を生み出す方法

1つ目のパターンは、期待値に従って利益を生み出す方法です。

例えば、2分の1の確率で配当が2倍のゲームであれば、毎回1ドルずつ賭けると賭けた回数が多くなれば賭け金と同じ金額を受け取ることができるという考えになります。

これを利用して、長くプレイを続けることにより少しずつ利益を積み上げるような仕組みのシステムベットがいくつか考案されています。例えば、ブラックジャックの戦略の一つモンテカルロ法も、勝ち負けの数が同数に近づくことで利益を生む手法となっています。

ただし、これらのシステムベッドは基本的に、期待値が1に近いゲームで効果を発揮します。つまり2分の1の確率で配当が2倍のゲームでなければ、利益が出る可能性は低くなります。

ブラックジャックの場合は配当は2倍ですが、当たる確率は半分の50%もありません。つまり長くゲームを続けると、損失が膨らんでしまいます。

『関連記事』
オンラインカジノゲームは何がある?7種類のゲームを解説

パターン2:1度の勝ちですべて取り戻す方法

2つ目のパターンは、それまでの損失額を1度の勝ちですべて取り戻す方法です。

これが、ブラックジャックの戦略における代表格である「マーチンゲール法」と呼ばれるものです。

マーチンゲール法は、賭け金を勝つまで倍額にする手法で、連敗を気にしないシステムベットです。

最初に1ドルを賭けるとすれば、負けたら2ドルを賭ける。2ドルで負けたら4ドル、4ドルで負けたら8ドルと倍にしていきます。最後に勝てば、最初の賭け金である1ドルが利益として残ることになります。

ブラックジャック戦略でおすすめのシステムベット

ブラックジャックでおすすめのシステムベット

マーチンゲール法での戦略は1度勝てば損失はすべて取り戻したうえで、最初の賭け金を利益として得ることができます。しかし連敗が続くと、賭け金は相当な金額になってしまいます。

ここでご紹介する方法は、1度の勝ちで損失を一気に取り戻すことはできませんが、賭け金が急激に増加しないブラックジャックの戦略です。

賭け金をいくらにするかを事前に決める

システムベットを使った戦略なので、賭け金をいくらにするのかを事前に決めます。

【例-1】
回数単位
1回目1 (-1)
2回目1 (-2)
3回目2 (-4)
4回目3 (-7)
5回目5 (-12)
6回目8 (-20)
7回目13 (-33)
8回目21 (-54)
9回目34 (-88)
10回目55 (-143)

この【例-1】の表は、負けたときに次の賭け金がいくらになるのかを示しています。3回目以降は常に前回と前々回の賭け金の合計になっています。

右端のカッコ内の数字は、累積損失です。例えば、5回目に5ドルを賭けて負けた場合には、それまでの累積損失をプラスして合計12ドルの損失になるということです。

この数字はあくまでも「単位」なので、1単位をいくらにするかを最初に決めます。例えば、1単位を5ドルとすれば、1回目の賭け金は5ドル、2回目も5ドルで3回目は10ドルとなります。

このブラックジャックでの戦略は、プレイヤーが最初のハンドで11以下であればヒット、12以上になればスタンドします。これでプレイヤーがバーストすることはありません。

※ハンド:2枚の手札の合計
※ヒット:もう1枚カードをもらう
※スタンド:カードをもらわない
※バースト:2枚の手札の合計が22以上

この戦略はディーラーがバーストして勝つことを狙う手法となります。勝つ確率は3分の1以下です。

連勝すると利益が出る

この方法で勝負に勝ったら、ひとつ手前の賭け金をベットします。

例えば、5回目に5を賭けて勝てば、次は4回目の3をベットします。この2回で連勝すれば、利益は「5+3=8」となり、4回目の時点での累積損失である-7を引いて「1」の利益が残ります。

このシステムはどの時点で連勝しても同じく「1」の利益が出るようになっています。当たり前のことですが連勝すれば利益は積み上ってきます。

もし5回目に勝って6回目は4回目の賭け金でベットしたものの、再び負けてしまったら賭け金は再度5回目に戻ります。この流れは次のようになります。

【例-2】
回数単位と勝敗
1回目1 負け (-1)
2回目1 負け (-2)
3回目2 負け (-4)
4回目3 負け (-7)
5回目5 勝ち (-2)
6回目3 負け (-5)
7回目8

6回目に負けたので、累積損失は-5となり、7回目の賭け金は「3+5=8」となります。

勝ちと負けを繰り返すと有利に

【例-2】で注目していただきたいのは、一度勝ちを挟むと累積損失のリズムが変わることです。

連敗が続いたあとに2回連続して勝てば、必ず「1」の利益が出ると説明しました。しかし【例-2】の7回目で勝ったとするとどうでしょう。

【例-3】
回数単位と勝敗
4回目3 負け (-7)
5回目5 勝ち (-2)
6回目3 負け (-5)
7回目8 勝ち (+3)

この表を見ると連勝せずに利益が出ています。これならブラックジャックの戦略として有効であると分かります。仮に7回目で負けて8回目に勝ったとしたら、どうなるでしょう。

【例-4】
回数単位と勝敗
4回目3 負け (-7)
5回目5 勝ち (-2)
6回目3 負け (-5)
7回目8 負け (-13)
8回目11 勝ち (-2)

損失すべてを取り戻すことはできませんが、累積損失はかなり減少しています。連勝せずにこの数値なら納得です。

賭け金は累積損失に応じて変える戦略

このシステムベットのルールとしては、勝った場合には賭け金はひとつ前に戻るとしていました。しかし、途中で勝ちが挟まると、累積損失のリズムが変わることで少なくなります。

そこで、賭け金を減らすときはひとつ前に決めるのではなく、利益が出る程度にさらに前に戻るという戦略にしたらどうでしょう。

【例-5】
回数単位と勝敗
4回目3 負け (-7)
5回目5 勝ち (-2)
6回目3 負け (-5)
7回目8 負け (-13)
8回目11 勝ち (-2)
9回目3 ← 4回目の賭け金に戻す

このようにすれば、仮に負けが続いても賭け金が大きく膨らむことを回避できます。これは一つのブラックジャック戦略と言っていいと思います。

さらにブラックジャックでは、ディーラーがバーストすることに賭ける場合、勝つ確率は3分の1を下回る数字になります。仮に4回に1回勝つとすれば、5回目の次に勝つ可能性があるのは9回目となります。

このサイクルを繰り返せば、次のようなパターンになるでしょう。

【例-6】
回数単位と勝敗
4回目3 負け (-7)
5回目5 勝ち (-2)
6回目3 負け (-5)
7回目8 負け (-13)
8回目11 負け (-24)
9回目19 勝ち (-5)
10回 8 負け (-13) ← 【例-1】の7回目の賭け金に戻す
11回 11 負け (-24)
12回 19 負け (-43)
13回 30 勝ち (-13)
14回 19 負け (-32) ← 9回目の賭け金に戻す
15回 30 ← 9回目と8回目の賭け金を足している

この場合、連勝しなければ賭け金が増えていきますが、連勝した時の利益もかなり大きくなっています。

ただし、連勝がなければ、賭け金は相当な金額になってしまいます。そこで、利益はあくまでも「1」に留める方法として、次のようにシステムを組みます。【例-2】の表を使うとこのようになります。

【例-2】
回数単位と勝敗
1回目1 負け (-1)
2回目1 負け (-2)
3回目2 負け (-4)
4回目3 負け (-7)
5回目5 勝ち (-2)
6回目3 負け (-5)
7回目3 負け (-8)← 7・6回目の連勝で-5を回収できる額
8回目6 負け (-14) ← 8・7回目の連勝で-8を回収できる額
9回目9 勝ち (-5)
10回 6 負け (-11) ← 9回目の賭け金に戻す
11回 6 負け (-17) ← 11・10回目の連勝で-11を回収できる額
12回 12 負け (-29) ← 12・11回目の連勝で-17を回収できる額
13回 18 勝ち (-11) ←13・12回目の連勝で-29を回収できる額
14回 12 勝ち (+1)

利益は変わらずに「1」のみですが、負けが続いても賭け金はさほど増えません。

労力の割にリターンは少ないかもしれませんが、オンラインカジノで稼ぐためには「着実に資金を増やすシステム」が必要になります。地道な方法ですがこれも立派なブラックジャック戦略のひとつです。覚えておいて損はないと思います。

【まとめ】ブラックジャックの連勝狙いによる戦略

ブラックジャックの連勝狙いによる戦略

ブラックジャックは勝率と配当倍率に差異があるため、戦略として使えるシステムベットに限りがあります。

その中で、いかに損失を生むリスクが少ないものを選ぶかがポイントになります。今回のブラックジャック戦略は賭け金の増減がやや複雑ですが、累積損失を極力少なくするという点で有効であり、連勝を狙えば大きく利益を生む戦略です。

 

>>あなたの街のカジノバー!


オンラインカジノを始めよう♪

オンラインカジノ(ベラジョンカジノ)の登録方法、手順

ベラジョンカジノは初心者でも気軽にオンラインカジノを始めることができ、日本でも絶大な人気のサイトです。

日本にカジノができるまではベラジョンカジノで楽しもう♪

勿論、実際にお金を賭けることもできますし、勝てば出金もできますよ♪

今なら登録で30ドルプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

この記事にコメントする