超簡単!オンラインカジノにおけるブラックジャックのルール

超簡単!オンラインカジノにおけるブラックジャックのルール

超簡単!オンラインカジノにおけるブラックジャックのルール

あんちゃん
みなさん!「カイジ」のこんな名言をご存知ですか。

「勝つことが全てだ。勝たなきゃゴミだ」

(引用:映画「カイジ」より利根川のセリフ)

かじの先生
さて、オンラインカジノをやるには勝たなければ意味がありません。

もっというと、勝ち続けなければなりません。「世の中そんな甘くはない!オンラインカジノのようなギャンブルは最終的には胴元(店側)が儲かる仕組みになってるだろー」と、こんなふうに思っている方へ。いいえ。そんなことはありません。

詳しくいうと、「ブラックジャック」には当てはまりません。

オンラインカジノ ブラックジャックのペイアウト率

これはブラックジャックのルールというよりは勝つために最低限、知っておくべき知識になります。

ブラックジャックではペイアウト率は100%オーバー

ペイアウト率は100%オーバー
あんちゃん
オンラインカジノでよく使われる「ペイアウト率」という言葉はご存知でしょうか?
還元率ともいわれます。ペイアウト率は〇〇%として表されます。意味は、「お金を払って、払い出された金額の%(割合)」です。

例えば、ペイアウト率80%のゲームがあったとします。払い出された金額は、払った金額の80%ということなので、10000円払ったら、8000円払い出されるゲームということです。そして、気になる「ブラックジャック」のペイアウト率は102%あります。これはブラックジャックのルールと同じくらい大事な知識です。

ブラックジャック以外のペイアウト率

ゲームによって大きく異なるペイアウト率

ゲーム(賭け事)によって大きくペイアウト率は異なります。

「ペイアウト率を100%超えるってことは、胴元に利益がでない?」

そういうことです。正確には、ブラックジャックのペイアウト率は96%〜102%といわれています。それでも、この数値は非常に高いです。他のギャンブルのペイアウト率を見てみましょう。

  • 宝くじ➝45.7%
  • 競艇➝74.8%
  • 競輪➝75.0%
  • 競馬➝74.1%
  • パチスロ➝85%前後
  • オンラインカジノ➝97%前後

ざっと、こんなところです。上記をみてわかるのは、「ギャンブルで本気で稼ぐならオンラインカジノをやれ」ってことではないでしょうか。

なぜ、こんなにもペイアウト率が高いかというとオンラインカジノはネット上でプレイするため、人件費や設備費、土地代等の費用が他のギャンブルより、格段に安く抑えられいるのためです。そして、オンラインカジノの中でも高いペイアウト率を誇るのが「ブラックジャック」なのです。

なので、このページでブラックジャックのルールをしっかり覚えて、是非、オンラインカジノで稼ぐプレイヤーになってください♪

ブラックジャックのルール 基本を覚える

ブラックジャックの簡単なルール

ここからはブラックジャックのルールを簡単な順に覚えていきましょう!

「とはいっても、ブラックジャックってルール難しそうだし・・・。」

かじの先生
いえいえ。実は、ブラックジャックのルールはシンプルです。オンラインカジノで簡単なゲームの方です。

それなら、オンラインカジノで稼ぐためにはぜひともルールを覚えたいと思いませんか?ここからは、本記事のテーマである「ブラックジャックのルール」をわかりやすく解説してきます。

簡単なブラックジャックルール「21に近い方で勝ち」

「ブラックジャックは21のゲーム」
かじの先生
ブラックジャックのルールはいたってシンプルです。

ディーラーとトランプを使って勝負します。その内容は、「トランプの数字で、合計が21に近いほうが勝ち」というだけです。しかし、「21を超えると負け」です。

  • ディーラー ♣10+◆7=17
  • プレイヤー ◆10+◆5+♥3=18

この場合、21に近いプレイヤーが勝ちます。

  • ディーラー ♣10+◆7=17
  • プレイヤー ◆10+◆5+♥3+♥4=22

この場合、プレイヤーのほうが21に近いですが21を超えているので負けます。勝てば、賭けた金額の2倍が返ってきます。負ければ、賭けた金額は没収されます。これがブラックジャックのルールの基本中の基本です!

ブラックジャックのルール シチュエーション別

シチュエーション別のルール
かじの先生
「ブラックジャックは21に近ければ勝ち。しかし、21を超えると負け」とりあえず、これだけ覚えておいてください。

ここからは、簡単なブラックジャックのルールを見ていきましょう。

  1. チップの賭け方について
  2. トランプの数字について
  3. アクションについて
  4. 配当について

(1)〜(4)までの、シチュエーションに分けてブラックジャックのルールを解説していきます。

(1)チップの賭け方について

あんちゃん
オンラインカジノのブラックジャックのゲームに参加したら、まず最初にやることは、「チップを賭けること」です。

チップの賭け方は単純で、「好きな額を賭ける」といいです。しかし、テーブルによってはレートがありオンラインカジノでは

  • ミニマムベット(最低ベット額〇〇〜)
  • マキシマムベット(最大ベット額〜〇〇)

のように指定されている場合があります。

(2)トランプの数字について

チップを賭け終わったら、次にトランプが配られます。ディーラーに2枚、自分に2枚です。

  • ディーラーのカードは1枚が表向き。もう1枚は裏向き
  • 自分のカードは2枚とも表向き

(例)

  • ディーラー:♦Q、□(表、裏)
  • 自分:♥3、♦A(表、表)

上記のように配られ、カードの合計を見て自分からアクション(カードを引くか、引かないか)をします。ここで、ブラックジャックの注意点があります。それは、トランプの数字の「カウント方法」です。ここは勝ち負けに影響する大事なブラックジャックのルールです。

「絵札は10、エースは1か11」

「絵札は10、エースは1か11」
かじの先生
ブラックジャックの数字のカウントルールの説明です。
  • K、Q、Jの絵札は10とカウント
  • Aは、1もしくは11とカウント

上記のように、KやQといった絵札は13や12ではなく、全て10とカウントします。(数字の10も普通に10とカウントします)

Aは1か11カウントとし、合計「21」に有利な方を選ぶことができます。よって、ブラックジャックのルールにおいてAは一番有利なカードとなります。

(3)アクションについて

プレイヤーは自由にアクションをすることができます。しかし、ディーラーのアクションは固定されています。

「プレイヤーのアクション」

カードが2枚配られたら、プレイヤーはアクションをします。

  • ヒット(カードを引く)
  • ステイ(カードを引かない)

基本的には、この2つのアクションのみです。自分のカードの合計が、「21」に遠ければ➝ヒット!近ければ➝ステイ!のアクションをしてください。ヒットは何回でもできます。また、必ずアクションの順番は「プレイヤーから」です。

「ディーラーのアクション」

ブラックジャックのルールでは、ディーラーのアクションは固定されています。ディーラーはカードの合計が、

  • 「16」以下ならヒット
  • 「17」以上ならステイ

のアクションを行わなければなりません。

(4)配当について

最初に説明したとおり、配当は、勝てば賭けた金額の2倍が返ってき、負ければ賭けた金額は没収されます。それに加えて、特殊ルールが存在します。最初に配られたカードで「A」と「絵札のどれか」が揃うことを「ブラックジャック」といい、この場合配当が「1.5倍」となります。A(11)+絵札(10)=21で一番強い役になります。配当についてもブラックジャックのルールが存在するので覚えておきましょう。

例を使った配当のおさらい

「ブラックジャック」といい、この場合配当が「1.5倍」となります。

一般にオンラインカジノ ブラックジャックのルールでは賭けた金額が、10ドルの場合だと、

  • 勝つ場合➝20ドル報酬
  • 負ける場合➝10ドル没収
  • ブラックジャックを揃えて勝つ場合➝20ドル×1.5倍の25ドル報酬
  • 引き分けの場合(合計が同じ数字の場合)➝賭けた10ドルが戻ってくる

となります。

ブラックジャックのルールを実際のゲームの流れから見る

ブラックジャック実際のゲームの流れ
あんちゃん
オンラインカジノでのブラックジャックのルールをより理解を深める為に、実際のゲームの流れを見ていきましょう。

ブラックジャックの基本ルール「進め方」

ブラックジャックの進め方

ブラックジャックのルールを実践形式で覚えていきましょう!

①プライヤーはチップを賭ける

自分は20ドルを賭けました。

②チップを賭けた後、カードが「表、裏」「表、表」の向きで配られる

ディーラー:♦Q、□(表、裏)
自分:♥3、♦A(表、表)

③プレイヤーからアクションスタート

自分のカードの合計は3+1=4 もしくは、3+11=14(Aは1か11としてカウント)です。自分は、どちらも「21」には遠いと判断し「ヒット」を選択

④プレイヤーに配られたカードは「♦9」

ディーラー:♦Q、□
自分:♥3、♦A、♦9

自分のカードの合計は3+1+9=13 もしくは、3+11+9=23です。

Aを11とすると、「21」を超えて負けとなるため、この時点で、Aは1となります。

Aを1として、カードの合計は13。自分はまだ21には遠いと判断し「ヒット」を選択。

⑤プレイヤーに配られたカードは「♣6」

ディーラー:♦Q、□
自分:♥3、♦A、♦9、♣6

自分のカードの合計は3+1+9+6=19です。自分は、21に近いと判断しここで「ステイ」を選択。自分が「ステイ」を選択することにより、ディーラーがアクションをする番になります。

⑥ディーラーは□のカードを表向きにする。カードは「♣3」

ディーラー:♦Q、♣3
自分:♥3、♦A、♦9、♣6

ディーラーのカードの合計は10+3=14(K、Q、J、10は10としてカウント)です。ディーラーはカードの合計が17以上になるまで、強制的に「ヒット」のルール。よって、ヒットを選択。

⑦ディーラーに配られたカードは「♠K」

ディーラー:♦Q、♣3、♠K
自分:♥3、♦A、♦9、♣6

ディーラーのカードの合計は10+3+10=23です。「21」を超えたことにより、ディーラーの負け。

⑧配当

自分はディーラーに勝ったので、掛け金20ドルの2倍40ドルを配当としてもらいます。ここまでブラックジャックのルールで分からない点はありませんでしたか。

もっと知りたい!ブラックジャックのルール アクション編

あんちゃん
ブラックジャックのルールをここまで読んで頂けたら、オンラインカジノで今すぐブラックジャックを遊ぶことができます。

しかし、細かいアクションのルールがもう少しあるので余裕のある方は読んでみてください。

主なブラックジャックのアクションルール

主なブラックジャックのアクションルール

インシュランス

インシュランスは保険という意味です。ディーラーがブラックジャックだった場合に備えて「掛け金の半分を最初に賭ける」ことによって、掛け金が戻ってくる仕組みです。

スプリット

最初に配られたカードが「2枚が同じ数字だった場合」にスプリットすることができます。同じ金額の掛け金を払うことによって、2枚のカードを
別々に分け、分けた両方で別々のアクションをすることができます。

ダブル

通常、カードの合計が「21」を超えない限り何回でもヒットを行うことができます。しかし、1枚しかヒットをしない代わりに掛け金を倍にすること
ができます。これを、ダブルといいます。

サレンダー

ゲームの途中で、掛け金の半分を払うことによってゲームから降りることです。

あんちゃん
以上、「超簡単!オンラインカジノにおけるブラックジャックのルール」でした。最後まで読んでいただきありがとうございました。是非、役立ててブラックジャックゲームをお楽しみください☆

オンラインカジノを始めよう♪

オンラインカジノ(ベラジョンカジノ)の登録方法、手順

ベラジョンカジノは初心者でも気軽にオンラインカジノを始めることができ、日本でも絶大な人気のサイトです。

日本にカジノができるまではベラジョンカジノで楽しもう♪

勿論、実際にお金を賭けることもできますし、勝てば出金もできますよ♪

今なら登録で30ドルプレゼント

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です