オンライン麻雀で実際にお金を賭けることができるサイト比較

オンライン麻雀で実際にお金を賭けてプレイするサイト比較

 

オンライン麻雀で実際にお金を賭けることができるサイト比較

あんちゃん
カジノ先生~!麻雀を覚えたのでオンライン麻雀でプレイしようと思いますがオススメサイトを教えてください。
かじの先生
麻雀もやり始めましたか(笑) 実際にお金を賭けてプレイできるオンライン麻雀ならユーザー数が多いDORA麻雀がオススメです。

皆さんはオンライン麻雀で遊んだ事はありますか?
リアルな麻雀は最低2人以上集まらないとできないゲームです。

それがオンライン上だとパソコンを持っていれば1人でも遊ぶことができるのですよ。
最大4人のプレイヤーが集まれば普通に円卓を囲んで麻雀ができるわけです。
中には実際にお金を賭けてプレイできるオンライン麻雀もあります。

海外のカジノ合法国で運営しているサイトなので日本でプレイしても違法(賭博罪適用)にはあてはまりません。
ラスベガスのカジノで日本人が遊んでも違法にならないケースと同じです。

今回はオンライン麻雀でお金を賭けることが可能なサイトを比較してまとめてみました。
また賭け麻雀について考察した内容も合わせてご紹介いたします。

換金できるオススメのオンラインカジノ

当サイトが選ぶオススメのオンラインカジノ
ベラジョンカジノ
ウィリアムヒル スポーツ
ビットカジノ

今、ベラジョンに登録するだけで30ドルが貰えます。この機会にオンラインカジノ初心者の人は遊んでみて下さい♪

オンライン麻雀はネットを通じて対戦できる

オンライン麻雀のDORA麻雀

画像元:DORA麻雀より

オンライン麻雀を簡単に説明するとパソコンやスマートフォンを使用して全国に人とプレイ、ひいては世界中の人とプレイできるインターネット上でのゲームのことです。
これがあることによって、麻雀の先進国である中国のプレイヤーと戦うことが可能になりました。
2人の対局麻雀もありますが、4人で円卓を囲んで行う麻雀が多いようです。

 

オンライン麻雀はルール統一などに関して一部違いあり

オンライン麻雀のルールは基本的に同じです。
チョンボといった反則あがりは少なくとも共通しています。

ただ、一部サイトでは喰いタン(ポンしてもタンヤオとして成立)OKな場合もあれば、赤五(赤い牌なだけでドラ扱い)なしという場合があるので、それはルールを採用しているサイトによって変わってきます。

 

オンライン麻雀は相手の顔が見えない!?

オンライン麻雀を利用しての対局は自分自身の『腕』にかかってきます。
リアルで行う4人麻雀とは違い【相手の顔が見えない】のです。

それゆえ立直をかけられた時に、どの牌がセーフでどの牌がアウトなのかを相手の捨て牌と表情から伺い知ることが可能でした。

しかしオンライン麻雀ではほとんど相手の顔を見ることができず、捨て牌だけで判断するしかありません。

たとえルールが同じでもリアルで行う『麻雀』とはクセが違いますので、これまで勝てていた人も急に勝てなくなり、逆に顔が見えない状態で戦う人の方が勝率上昇につなげられる場合があります。
これが単なるゲームではなく、実際にお金を賭けてプレイする麻雀となるとなおさらです。

 

 

実際にお金を賭けてプレイできるオンライン麻雀サイトを比較

では実際にリアルマネーを賭けてプレイできるオンライン麻雀サイトを3つほど紹介します。

オンラインカジノであれば『運』が勝敗を左右するわけですが…。でもオンライン麻雀なら麻雀で勝ち続ければお金がガッポガッポと儲かるかもしれません。
では各サイトにその特徴を比較してまとめました。

ちなみにオンライン麻雀は基本的に麻雀卓代のみになり、麻雀卓によって賭け金も違いますので自分に合った麻雀卓で勝負しましょう。

 

DORA麻雀

オンライン麻雀のDORA麻雀

このオンライン麻雀サイトは下記の麻雀広場よりもユーザー登録数が多くオンライン麻雀の最大手と言われるべき存在です。
小刻みにトーナメントなどのイベントを開催しているので、ユーザーを飽きさせないサービスは徹底している印象がうかがえます。
ライセンスを取得しておりますので、信頼性は担保されています。

 

麻雀広場

オンライン麻雀の麻雀広場

麻雀広場はユーザーのレビューなどを見ると分かると思いますがオンライン麻雀で人気がありますね。

その理由は他のサイトが海外に拠点を持つネットバンクから賭けて設けた利益を支払いするのに対して、このサイトでは楽天銀行が使えるのです。

最近では楽天銀行のみならず、日本国内の銀行であれば入出金における決済が可能になったのです。
これは便利だと思います。

またオンラインカジノライセンスを取得しているので信頼性も高く、そしてサポートの充実しております。

 

みんなの麻雀

オンライン麻雀のみんなの麻雀.com

DORA麻雀と同じ運営会社が経営していて、割と新しく誕生したオンライン麻雀です。
DORA麻雀に比べると卓の色が明るめになっています。

それでも多くのユーザーを抱えていて、上記2つのサイトに比べると麻雀初心者が入りやすい印象を受けますね。

 

三者のサイトを考察した結果

考察して思ったことは他にもリアルマネーを賭けることができるオンライン麻雀サイトは存在しますが、人気とユーザー数の観点からすれば事実上、DORA麻雀の一択に尽きます。
採用ルールや実際の登録方法、ダウンロードの仕方やその他詳細な点について興味がある方は下記にURLからホームページをご覧くださいませ。

 

 

実際に賭けて行う麻雀は違法なのか

過去には賭け麻雀を行ったとして逮捕されたケースがあります。
逮捕理由に関しては下記の法律が根拠となっています。

第185条 賭博をした者は、50万円以下の罰金又は科料に処する。ただし、一時の娯楽に供する物を賭けたにとどまるときは、この限りでない。
第186条 常習として賭博をした者は、3年以下の懲役に処する。
2 賭博場を開張し、又は博徒を結合して利益を図った者は、3月以上5年以下の懲役に処する。
出典:六法全書より

いわゆる『賭博罪』のことです。

ただし、オンラインカジノ同様に海外サーバーを経由しカジノが合法の国で運営しているオンライン麻雀サイトでプレイしているので賭博罪が適用できません。

賭博罪を適用するには胴元も一緒に逮捕する必要がありますが、カジノ合法国で運営している企業を日本の法律に当てはめて起訴することはできないからです。

参考ページ
>>オンラインカジノは違法なの?!始める前に読んでおこう!

 

オンライン麻雀でお金を賭けたプレイについては

この点については、完全に法律で『シロ』ではありません。

今から2年ほど前の2016年にオンラインカジノを利用して金銭を賭けた容疑で3人が逮捕されるという事案が発生しました。
もし起訴されて有罪となると、日本でパソコンを使用してオンラインカジノが出来なくなるということになるはずでした。
しかし、3人は不起訴になりました。

当時は『クロ』判断し賭博罪として警察が立件したわけです。

現在でも利用している人は『グレーゾーン』の状態でプレイし続けていることになります。

間違ってもSNSに自慢話を乗っけたり、酔っぱらってオンライン麻雀で勝ったことを言い触らしたりすると、思わぬところから足元がすくわれてしまう可能性がありますので、『グレーゾーン』状態のままであれば粛々と行うのが良いと思います。

参考ページ
>>オンラインカジノの逮捕事例から違法性と対応策を考える

 

 

【まとめ】オンライン麻雀で実際にお金を賭けることができるサイト比較

オンライン麻雀はオンラインカジノと違って、麻雀の『腕』に自信があれば勝ち続けて賞金を手に入れ、自分の利益にすることが理論上可能です。

オンライン麻雀に参入するのであれば、サポートの充実さやユーザーの口コミ数で評価が高い『麻雀広場』や、ユーザー数と小刻みなイベント開催で盛り上げている『DORA麻雀』、麻雀初心者の方なら『みんなの麻雀』といった選択ができます。

かといってオンライン麻雀を利用して生計を立てている方は『逮捕』のリスクを抱えたうえで利用なさってください。

 

<あなたにお勧めの記事>

カジノ法案とは カジノ法案の問題点、カジノ依存症、マネーロンダリングなど
カジノ候補地はどこに決定するのか 初心者必見!オンラインカジノの始め方

オンラインカジノを始めよう♪

オンラインカジノ(ベラジョンカジノ)の登録方法、手順

ベラジョンカジノは初心者でも気軽にオンラインカジノを始めることができ、日本でも絶大な人気のサイトです。

日本にカジノができるまではベラジョンカジノで楽しもう♪

勿論、実際にお金を賭けることもできますし、勝てば出金もできますよ♪

今なら登録で30ドルプレゼント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です