オンラインカジノは公務員に人気の副業らしい

公務員として働く人々

 

オンラインカジノは公務員に人気のあるらしい

あんちゃん
かじの先生~!この前、公務員をしている友達もオンラインカジノで遊んでいると聞いたのですが・・
かじの先生
そうみたいですね、意外に思うかもしれませんがオンラインカジノは公務員の人に人気があるみたいですよ♪

ネットでやるカジノ、つまりは「オンラインカジノ」ですが、実は利用者としては公務員の方が多いです。意外だと思うかもしれませんが、オンラインカジノの特性を考えれば納得していただけるはずです。

オンラインカジノは知らないうちは合法性や安全性など、不安な点も多いと思います。ですが、ギャンブルというジャンルを扱っているだけあって、そう言った点には非常に気を遣っています。

参考ページ
>>オンラインカジノは違法なの?!始める前に読んでおこう!

そのため、副収入を得る方法としては非常に優秀な手段になります。公務員の方からすると、多くのメリットが存在しているのも愛用されている理由になります。

 今回は公務員に人気のあるオンラインカジノとは何かを解説していきたいと思います。 

 

換金できるオススメのオンラインカジノ

当サイトが選ぶオススメのオンラインカジノ
ベラジョンカジノ
ウィリアムヒル スポーツ
ビットカジノ
DORA麻雀

今、ベラジョンに登録するだけで30ドルが貰えます。この機会にオンラインカジノ初心者の人は遊んでみて下さい♪

オンラインカジノは合法か違法か!?

オンラインカジノは違法か合法なのか

まずは、オンラインカジノについて説明していきます。

日本においては賭博行為は違法行為になりますが、海外ではカジノは政府公認のサービスになります。そのため、インターネットを用いて海外のサーバーを利用するオンラインカジノは合法になります。

最近では、国内でカジノを設置する動きも出ているので、今後はより規制が緩和される動きになると予想されています。

注意としては、日本運営のオンラインカジノは違法になります。日本自体では、カジノは禁止なわけですからね。

 

 そのため、オンラインカジノを利用する際は、海外の会社が運営しているベラジョンカジノなどの大手のサイトを選びましょう。 

 

続いては、公務員の方にオンラインカジノがオススメな理由を説明していきたいと思います。

参考ページ
>>オンラインカジノの安全性(賭博罪に該当するの!?)

 

公務員は副業ができない!だからオンラインカジノに目を向ける

ベラジョンカジノで稼ぐ!カジノ法案ができるまで

かじの先生
まずは公務員が副業できない理由についてお話しますね!

公務員はその名の通り、企業ではなく国民のことを考えて働くことが目的になっています。そのため、通常の会社員は社内規則で副業を禁止されることがありますが、 公務員は法律によって副業ができなくなっています。 

社内規則ならば、そこまで強制力がないので内緒で副業をしている人もいると思います。ですが、公務員はそうはいかないですよね。規定された法律を守らないわけですから、副業=違法行為になってしまうわけです。

ただ、最近では、公務員でも副業ができるように、限定的にですが解禁されていくような政策がとられています。副業の範囲は「公益的活動など」の条件があり、可能なのは大学教員や本の執筆ぐらいしかないです。

そのため、「公務員は誰でも気軽にできる副業は無い」というのが現状になります。だから副業がしたい公務員は違法行為にならないギリギリのラインであるオンラインカジノに目を向けてしまうということです。

参考ページ
>>オンラインカジノは勝てるのか!?他のギャンブルと還元率を比較

 

公務員の副業に関する法律について

公務員はオンラインカジノで副業できるか
かじの先生
公務員が副業できない法律はいくつかありますのでピックアップしてみました。

公務員の副業を制限しているのは、 国家公務員法の103条と104条、地方公務員法第38条であり以下のような内容になります。 

参照元
国家公務員法
地方公務員法

 

私企業からの隔離(103条)

職員は、商業、工業又は金融業その他営利を目的とする私企業(以下営利企業という。)を営むことを目的とする会社その他の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、又は自ら営利企業を営んではならない。

 

他の事業又は事務の関与制限(104条)

職員が報酬を得て、営利企業以外の事業の団体の役員、顧問若しくは評議員の職を兼ね、その他いかなる事業に従事し、若しくは事務を行うにも、内閣総理大臣及びその職員の所轄庁の長の許可を要する。

 

営利企業等の従事制限(第38条)

第38条 職員は、任命権者の許可を受けなければ、営利を目的とする私企業を営むことを目的とする会社その他の団体の役員その他人事委員会規則(人事委員会を置かない地方公共団体においては、地方公共団体の規則)で定める地位を兼ね、若しくは自ら営利を目的とする私企業を営み、又は報酬を得ていかなる事業若しくは事務にも従事してはならない

参考ページ
>>【注意】オンラインカジノで得た利益は納税義務(一時取得)あり

 

公務員が副業をしてはいけない理由

公務員の副業禁止が法律で決められているのは、もちろん理由があります。

・信用失墜行為の禁止(国公法第99条)
・守秘義務(国公法第100条)
・職務専念の義務(国公法第101条)

まずは「信用失墜行為の禁止」についてですが、公務員は国や地域に奉仕するお仕事です。そのため、信用やイメージがとても大事です。副業にはやはりグレーゾーンのものもあるので、そう言ったものを防ぐ意図があります。

守秘義務も同様で、副業で繋がったビジネスパートナー等に情報の流出を防ぐためです。問題を起こさないための予防として、職務専念になります。

ただ、実際問題としては通常業務だけでは収入が物足りないこともあります。昔のように公務員=高給取りというわけでは無いですからね。

参考ページ
>>入金不要ボーナスがあるオンラインカジノは初心者に最適!

 

公務員の方にオススメなのはオンラインカジノはビットカジノ

ビットカジノはオススメのオンラインカジノで初心者に最適

オンラインカジノは、公務員の方でも違法にならない副収入を得る方法になります。また、合法性以外にもいくつかのメリットがあります。

 

匿名性

 オンラインカジノの中にはビットカジノなどのように少ないですが個人情報を公開する必要がなく、ビットコイン入金、登録など全ての作業を匿名でこなすことができます。 できることなら副収入を得ていることを知られたくない公務員にとってはメリットになります。

ビットコインなどで入金すればクレジットカードや銀行振込などでオンラインカジノに入金するよりは格段にわかりにくくなります。

 

隙間時間で稼げる

オンラインカジノはスマホアプリなども登場し気軽に遊べるようになっています。そのため、隙間時間でちょこちょこと利益を積み重ねていくことができます。

 

娯楽として遊べる

オンラインカジノはゲームとしての側面もあります。娯楽をしながら副収入を獲得できるのは大きなメリットですよね。

 

【まとめ】オンラインカジノは公務員に人気の副業らしい

以上のことをまとめると、オンラインカジノは副業が禁止されている公務員が副収入を得ることができる方法で、決して違法性のない遊びになります。

時間の束縛もなく、ちょっとした移動時間でも利用することができます。ネットビジネスなどの副業も同様の性質を持ちますが、やはり積み重ねをすることでようやく成果が出てくるものです。

それに比べてオンラインカジノは、ルール上でゲームをするわけなので、誰にでもチャンスは等しくあります。極端な話ですが、初心者でもスロットで一発当てれば億万長者も夢ではないです。

実際に、そのように一発で大金を稼ぎ出した人もいます。オンラインカジノは継続することでボーナスも貰えます。短期利用、長期利用のどちらでもできるので、ぜひ一度試してみてください。

 

<あなたにお勧めの記事>

カジノ法案とは カジノ法案の問題点、カジノ依存症、マネーロンダリングなど
カジノ候補地はどこに決定するのか 初心者必見!オンラインカジノの始め方

オンラインカジノを始めよう♪

オンラインカジノ(ベラジョンカジノ)の登録方法、手順

ベラジョンカジノは初心者でも気軽にオンラインカジノを始めることができ、日本でも絶大な人気のサイトです。

日本にカジノができるまではベラジョンカジノで楽しもう♪

勿論、実際にお金を賭けることもできますし、勝てば出金もできますよ♪

今なら登録で30ドルプレゼント。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です