オンラインカジノの依存症とその対策

オンラインカジノ依存症と対策

 

オンラインカジノの依存症とその対策

あんちゃん
かじの先生~!最近、深夜までオンラインカジノでプレイしていますがオンラインカジノの依存症とかってあるんですか!?
かじの先生
大丈夫ですか!?カジノ法案でもカジノ依存症対策などを優先的に考えているぐらい危険な病気なんですよ。気を付けてください。

皆さんはオンラインカジノで遊んだ事はありますか?

そもそもカジノを身近で感じることって日本ではリアルでないかと思います。

刑法185条や186条の関係で禁止されているからですよね…でもオンラインカジノであれば上記の刑法に触れても証拠がなければ罪に問えないというグレーゾーンなのでプレイすること自体は可能です。

不安な中、実際にオンラインカジノ初デビューで大勝利した場合その後はどうなるでしょうか?

たいていは一度勝ったら味を占めてもう一度遊ぶと思います。

その時にすでにオンラインカジノ依存症が始まっている人だっているわけです。

この記事ではオンラインカジノを利用する際においてその『オンラインカジノ依存症』に着目し、またその対策について考察した内容をご紹介します。

換金できるオススメのオンラインカジノ

当サイトが選ぶオススメのオンラインカジノ
ベラジョンカジノ
ウィリアムヒル スポーツ
ビットカジノ
DORA麻雀

今、ベラジョンに登録するだけで30ドルが貰えます。この機会にオンラインカジノ初心者の人は遊んでみて下さい♪

<あなたにお勧めの記事>

カジノ法案とは カジノ法案の問題点、カジノ依存症、マネーロンダリングなど
カジノ候補地はどこに決定するのか 初心者必見!オンラインカジノの始め方

オンラインカジノ依存症について

オンラインカジノは勝てるのか競馬と競輪の還元率と比較

オンラインカジノ依存症はパチンコや競馬といったギャンブル依存症の一種に含まれます。

端的に言わさせてもらうと、金を賭けて遊びながらコインやチップなどを増やしそれを元手にさらにゲームにのめりこんでしまい、気づいた頃にはすっからかん状態になって、遊び足りず再びお金を使って手を出してしまいまた負けるといった負のサイクルから抜け出せない症状を帯びた人たちのことを一般的に指します。

オンラインカジノをプレイする為に消費者金融で借金をする人もいます。

参考ページ
>>オンラインカジノが原因での借金は自己破産できるのか?

 

わかりやすく例えるとすれば、ふとしたことがきっかけで初めてギャンブルをする人がいたとします。

よくわからず購入方法や遊戯方法を聞いたり調べたりして実際に行いました。

すると1000円投資しただけなのにその時はなんと数万~数十万円という利益を手にしてしまいました。そうなれば喜び以外の感情しか湧いてきませんね。

これがギャンブルにおける至福の喜びという『麻薬』づけに陥った瞬間です。

単にビギナーズラックに過ぎないのに人は再びこの瞬間を味わいたいと願ってまた同じことしたものの結局負け続けたとするならば、そのギャンブルから抜け出せなくなった時点で依存症と推定できるのですよ。

 

オンラインカジノは依存性が高くなかなか抜け出せない!?

オンラインカジノは勝てるのか麻雀の還元率と比較

パチンコや競馬、競輪、麻雀などのギャンブル好きの人は依存症にかかるケースが多いです。

ギャンブルとしてオンラインカジノがパチンコや競馬と違う点として、還元率(ペイアウト率)が高い点が特徴です。平均還元率でいうとパチンコは82%、競馬は75%、オンラインカジノは90%以上超えます。

これは負けが込んでいても一気に取り返せるという状況をオンラインカジノ側が作っているためだとされています。

どういった状況かといいますと、オンラインカジノのビデオスロットで例えると『ボーナス』という状態に突入すると一気に負けが込んだ状態を解消するチャンスが訪れるわけです。
つまり勝てる気にさせるわけです。

またバカラというゲームもプレイスタイルによっては一攫千金を狙えますので、還元率が高いのです。

【負けていても取り戻せる】、還元率の高さが故に「もうギャンブルはやめよう」という考えがなくなってしまうことがオンラインカジノ特有の依存症と言わざるを得ませんね。

参考ページ
>>カジノ依存症の概要と症状、メカニズムと対策!

>>カジノ法案の問題点と対策(ギャンブル依存症やマネーロンダリングなど)

 

スマホの無料ゲームを通してやりたくなる!

スマホの無料ゲーム、例えばブラックジャックやバカラなどをやっていた場合、ごく一部の人であれば『リアルプレイ』(実際にお金を賭けて勝負)に走りたがる傾向があるのです。

またゲームによっては広告画面でオンラインカジノの紹介される時もあります。

『詳細はこちら』みたいな画面が出てきてもゲームだけを楽しむのであれば一切無視しましょう。

 

期間限定!○○サイトにて登録無料、今ならなんと…

これ系のサイト勧誘には注意しましょう。

【無料登録するだけなんとオンラインカジノサイトで使用できる『仮想コイン』(ここではこのように説明しておきます)1000円分プレゼント】といったサイト勧誘画面があった場合、クリックしてしまうとスパムメールとしてやたら送り付けられることもあるので、根負けして実際にその誘いに乗ってしまうとヤバいです。

とにかく怪しそうなサイトのうたい文句には騙されないようにしましょう。

 

ギャンブル依存症になってしまうと廃人と化す?

ギャンブル依存症はパチンコ、競馬、競輪、スロット、カジノがある

オンラインカジノを含むギャンブル依存症になったしまった人の末路は悲惨なものです。

特にオンラインカジノにおいては投資額も大きく、変な意味で卒業するころには毎日負け続け、勝ちたいという欲望につつまれリアルマネーを入金しまくり、挙句の果てに借金が膨らみすぎてとてもではありませんが、思わず目をつむってしまう状況になっていることでしょう。

下手すると自己破産は免れず、誰からも借金することもできず、何もできない無力に打ちひしがれた廃人になっている可能性だってあるのです。

つまりギャンブル依存症の成れの果ては、人生の崩壊という広くとても闇が深い状態だと考えざる得ませんね。

 

オンラインカジノ依存症対策とはどんなもの?

かじの先生
ここではオンラインカジノ依存症対策について解説していきますね。

オンラインカジノのうたい文句で多いのが「勝ちやすいですよ」とか「他のギャンブルよりも還元率が高くてうまみがありますよ」といった誘惑的コメントの文言が多いです。

一度大負けした人が「オンラインカジノを卒業しよう」と思っていてもこの誘惑的な文言によって再びオンラインカジノの世界に引きずりこまれてしまう場合だってありますのでね。

オンラインカジノ依存症から脱却するにはどうしたらよいのでしょうか?

 

精神科などの専門外来に通院

オンラインカジノ依存症で通院する

実はギャンブル依存症は心の病気と言われています。だから精神科やギャンブル依存症専門外来に通っている人もいるわけです。その病院によって往診や治療方法などの対応が異なります。
通院期間もさまざまあり、その人がどれだけ重症なのか病院独自に検査して判断するそうです。

実際にギャンブル依存症の治療をしている病院はこんな感じです。
>>菊陽病院

一例として、本人にオンラインカジノアカウントや口座を事前申告してもらい、病院のパソコンで本人の目の前でアカウントの削除行い、最終的に本人にクリックさせるという精神的な意味で脱却させる方法が行われています。

こうすることで未練を完全に断ち切り、依存症脱却の一歩を踏んでいるということですね。

 

自己規制にてプレイ回数に上限を設ける

換金できるベラジョンカジノ

オンラインカジノが好きだけどもそこまで重症ではないかたにとっては1日にできるプレイ回数の上限を設定するやり方も有効です。

例えばベラジョンカジノというオンラインカジノホームページの一覧を見ていくと『自己規制』という項目があります。そこをクリックすると入金限度額や時間設定、ロス制限などの自分でその数値を設定することができます。

オンラインカジノのサイト側でも顧客がギャンブル依存症にならないように自分で制限できるシステムを作っています。

これは株取引やFX取引などで使われる損切設定と呼ばれるストップ注文と同じ原理です。

例えば1日に入金できる金額が1万円で、ロスが1万円以上した時点で今日1日のプレイが終了する設定にした場合、もし30分で1万円分負けてしまったらプレイできないことになるという仕組みになっています。

時間設定はのめりこみすぎて明日の仕事などに影響を与える場合などに使えばよいと考えます。このプレイ上限設定は一定の有効性があると思われます。

 

お金に興味を無くさせる

ギャンブル依存症の人はとにかくお金があればオンラインカジノはおろか、パチンコなどをやって増やしたいという欲望に支配されているので、極論を言うとお金から興味がなくなってしまえば依存症の脱却が加速すると考えられます。

とはいえそう簡単にはいきませんが、ギャンブル依存症の人の目の前で1万円札を破いて見せるのも一種のショック療法としては効果としては期待できます。

 

【まとめ】オンラインカジノの依存症とその対策

今回は依存症とその対策ついて紹介しました。

いつだれがどんなきっかけでオンラインカジノにのめりこみそこから依存症になってしまう可能性だってあるのです。

それに政府が提案しているカジノ解禁を含むIR法案の提出ではなく、ギャンブル依存症に陥ってなかなか抜け出せず困っている人に手を差し伸べる取り組みに時間を割いてほしいと思います。

個人的にはもう少しギャンブル依存症対策に時間を設け議論し、依存症脱却の道筋をより明確にしてからでも良いと考えますね。

参考ページ
カジノ依存症の概要と症状、メカニズムと対策!

 

<あなたにお勧めの記事>

カジノ法案とは カジノ法案の問題点、カジノ依存症、マネーロンダリングなど
カジノ候補地はどこに決定するのか 初心者必見!オンラインカジノの始め方

オンラインカジノを始めよう♪

オンラインカジノ(ベラジョンカジノ)の登録方法、手順

ベラジョンカジノは初心者でも気軽にオンラインカジノを始めることができ、日本でも絶大な人気のサイトです。

日本にカジノができるまではベラジョンカジノで楽しもう♪

勿論、実際にお金を賭けることもできますし、勝てば出金もできますよ♪

今なら登録で30ドルプレゼント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です