【2018年】カジノ有力候補地は3ヶ所はココ!その理由とは!?

日本のカジノ有力候補地は東京、大阪、長崎

 

【2018年】カジノ有力候補地の3ヶ所はココ!その理由とは!?

あんちゃん
かじの先生~!2018年4月3日にカジノ候補地は最大3か所となりましたが、どこがカジノ有力候補地ですか?
かじの先生
カジノ最有力候補地は東京、大阪、長崎の3か所と言われています。今回はなぜその地域が有力候補地なのかその理由をお話しますね。

2016年12月、国会でIR推進法案(特定複合観光施設区域の整備の推進に関する法律)が可決成立し、同月施行されました。そして、具体的にカジノ施設を含む統合型リゾート施設の建設候補地の選定や、工事着工に進むために必要な法律である、IR実施法案が、国会で成立しました。

いよいよカジノ施設を含む統合型リゾート施設の建設候補地が決定し、数年後には日本国内にカジノ施設が開業することになります。

今回は、カジノ施設を含む統合型リゾート施設の有力候補地とされる東京、大阪、長崎の特徴について述べてみたいと思います。

他にもカジノ有力候補地として、

北海道千葉横浜宮崎沖縄和歌山

これらの自治体が「カジノ候補地」として立候補しています。

 【東京】カジノ有力候補地No.1の集客力

カジノ有力候補地NO.1の東京

IR実施法に関する自民党内のワーキングチームにおける会合では、カジノ施設を含む統合型リゾート施設の国際競争力や事業性、投資環境を重視すべきとの意見が提示されています。

この観点からは、カジノ有力候補地として東京都が挙げられることは必然といえます。

 

東京がカジノ有力候補地として言われている理由

理由としては、まず交通の利便性が優れているため、”集客力が高くなると想定出来ること”が挙げられます。集客力が高ければ、それだけ短期間でカジノ施設を含む統合型リゾート施設は建設費用を回収することができ、さらに、長年にわたって黒字経営を続けることが可能と想定できます。

東京は、日本国内の顧客を呼び込むための交通アクセスは日本一といえます。

具体的には、羽田空港は日本全国のほとんどの空港との直行便が設けられているため、交通の利便性が高いです。札幌や福岡からも2時間以内に東京へ来ることが可能となっています。また、新幹線ならば東海道・北陸・上越・北海道・秋田・山形新幹線が東京駅に乗り入れており便利です。

さらには、海外からの顧客を呼び込むための候補地としても、東京は優れています。現在の羽田空港は国際空港として、多くの海外便が運航されており、とくに近隣の中国や韓国、台湾などの富裕層を東京のカジノ関連施設に呼び込むことは容易と思われます。

現状においても、東京には中国や韓国からの観光客が押し寄せ、品質の良好な化粧品や家電製品などの買い物をした後、更に地方へ観光旅行もしてくれています。

このため、東京都内にカジノ関連施設や国際会議場、ホテル、レジャー施設などの統合型リゾート施設を開業した場合には、マカオ、シンガポール、韓国、フィリピン、カンボジアのカジノ施設と比較しても、東京は優れた競争優位性を持つ可能性が高いと考えられます。

>>カジノ候補地は東京に決定する可能性と概要(招致コンセプト)

 

 

【大阪】カジノ有力候補地として交通と採算性に優れている

カジノ候補地の大阪

先述のとおり、自民党内のワーキングチームにおける会合では、カジノ施設を含む統合型リゾート施設の国際競争力や事業性、投資環境を重視すべきとの意見が提示されています。

大阪では、大阪府や大阪市が積極的にカジノ関連施設を含む統合型リゾート施設の誘致に力を注いでいます。

 

大阪がカジノ有力候補地として言われている理由

理由としては、これまでの東京一極集中を打破し、日本の国土軸の両輪として東京と大阪を位置づけたいとの意向を持っているといわれています。また、政府サイドにも、東日本大震災を教訓として、東京への一極集中を緩和したいと考えているといわれています。

このため、IR実施法案が成立した場合には、大阪はカジノ有力候補地となります。

具体的な建設候補地として、大阪府や大阪市は、大阪湾の人工島である夢洲を前提として誘致活動を進めています。

夢洲で、カジノ関連施設を含む統合型リゾート施設が開業した場合、事業の採算性の観点から考えると、開業してから数年間で投下資本を回収可能と想定できると思われます。

理由としては、立地と交通アクセスの利便性を挙げることができます。

関西国際空港には多くの海外直行便が運行されていることから、中国をはじめとする近隣諸国の富裕層は大阪のカジノ施設に遊びにくることが想定されます。

夢洲にカジノ関連施設が開業すれば、関西国際空港から夢洲までは直行の特急電車が運航される可能性もあるため、交通アクセスには何も問題はありません。

さらには、大阪市だけでも人口は約270万人を抱え、関西エリアには同じく大都市の京都市や堺市も存在します。また、名古屋市や神戸エリアだけでなく、北陸の福井や金沢の人々も遊びに来るものと想定できます。規模の大きな人口を背景にした立地となっていることも、夢洲の強みです。

また、大阪の場合は、南海電鉄やオリックス、阪急阪神ホールディングスなどの関西財界も結束して誘致活動に取り組んでいます。このため、カジノ施設だけでなく、ホテルや、国際会議場について合理的な運営を行うことが可能と予想されることから、事業の採算性については問題がないと思われます。

地域経済への波及効果という観点では、夢洲のカジノ関連施設へ遊びに来た客が、京都や神戸、倉敷、金沢などへ観光する可能性が高いと思われます。観光振興という点でも、大阪へカジノ関連施設を建設することは合理的な判断と思われます。

>>カジノは大阪に決定する可能性と大阪招致コンセプト

 

【長崎】九州財界に麻生グループあり

カジノ有力候補地の長崎

今年3月に実施された自民党と公明党によるIR実施法に関するワーキングチームの会合が数回開催された結果、「観光や地域経済の振興を重視し、地方の可能性を切り開くべき」との意見が提示されています。

地方都市のなかでも、積極的な誘致活動を展開しているのが、長崎県と佐世保市です。

すでに長崎県と佐世保市は合同のIR推進協議会を設置し、4月中を目途に基本構想案をまとめると表明しています。また、九州財界とも緊密に連携して、カジノ関連施設を含む統合型リゾート施設の誘致を行うとも表明しています。

 

長崎がカジノ有力候補地として言われている理由

九州財界の特徴は、有力企業のひとつに麻生グループが入っている点が挙げられます。麻生副総理兼財務大臣の親族が経営しており、麻生副総理自身も政界に進出する前は、麻生セメントの社長を務めていました。

現在、麻生グループは建設業やサービス業、医療サービスを九州地方で展開しており、九州財界では重きを成す存在です。このため、現在の九州財界は政権中枢と直結していると言ってもよく、IR実施法案が成立すれば、長崎県佐世保市への誘致が実現する可能性が濃厚です。

また、長崎県佐世保市における具体的な誘致場所は、ハウステンボスとなるといわれています。ハウステンボスは開業以来、長年赤字経営に苦しんできましたが、エイチ・アイ・エスの創業者である澤田秀雄氏が経営権を取得して以来、ハウステンボスの経営状況は一変し、毎年黒字経営を続けています。

この澤田氏の卓越した経営手腕という大きな要素があるため、ハウステンボスにカジノ関連施設を誘致した場合は、早期に建設資金を回収することができ、なおかつ黒字経営を行う可能性が高いと思われます。事業運営という点では、心配する必要がないと思われます。

さらに、地域振興という観点では、長崎はアジア諸国と距離的に近いことから、韓国や中国から遊びに来る客が多くなるものと想定されます。そして、ハウステンボスで遊んだあとは九州一円を観光してくれる可能性も濃厚と思われます。

澤田秀雄氏は、エイチ・アイ・エスという旅行会社も経営しており、旅行パックツアーを積極的に企画し、JR九州や西鉄などとも協力して九州観光を活性化させることにより、各地域において観光客が多額の消費をしてくれるものと期待できます。

>>カジノは長崎に決定する可能性と概要(招致コンセプト)

 

他のカジノ有力候補地はこちら

北海道千葉横浜宮崎沖縄和歌山

 


オンラインカジノを始めよう♪

オンラインカジノ(ベラジョンカジノ)の登録方法、手順

ベラジョンカジノは初心者でも気軽にオンラインカジノを始めることができ、日本でも絶大な人気のサイトです。

日本にカジノができるまではベラジョンカジノで楽しもう♪

勿論、実際にお金を賭けることもできますし、勝てば出金もできますよ♪

今なら登録で30ドルプレゼント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です