カジノが宮崎に決定する可能性と概要(招致コンセプト)

宮崎県がカジノ候補地として決定する可能性は!?
あんちゃん
かじの先生~!宮崎県にカジノ候補地が決定する可能性は高いですか?
かじの先生
宮崎がカジノ候補地として決定する可能性は今のところ高いとは言えませんが、バックボーンにセガサミーホールディングスがいるのは大きいと思いますよ。

世界中で「カジノ」は楽しまれており、「文化の一つ」と考えられています。
リゾートを形成するうえで、カジノをふくむことは「もはや常識」でしょう。

日本も「経済効果」をにらんで「カジノ法案」が船出をしました。
推進法が決議され、現在は実施法が議論されています。

これからの日本は「インバウンド」の活用が喫緊(きっきん)の課題。
「統合型リゾート」は最も効果的な施設となるのではないでしょうか。

「地域経済の活性化」に直結しますから、さまざまな地域自治体が名乗りをあげていますね。

今回は「宮崎」にスポットをあてて「時系列」による紹介をしましょう。

宮崎がカジノ候補地となっている理由とは!?

今なら登録するだけで30ドル貰えますよ♪

<あなたにお勧めの記事>

カジノ法案とは カジノ法案の問題点、カジノ依存症、マネーロンダリングなど
カジノ候補地はどこに決定するのか 初心者必見!オンラインカジノの始め方

 

 宮崎のカジノ構想(初期段階)

「セガサミーホールディングス」が「シーガイア」へのカジノ構想を前向きに発表(2014年11月)。

「フェニックスリゾート」を傘下とする「セガサミーホールディングス」が動き出したとあって、大きな記事になりました。

あくまで「条件が整うこと」が前提ではあるものの、それまでの「協力する立場」から一歩踏み込んだ発言だけに、期待が膨らむ発表でした。

この時期は、宮崎県知事「河野俊嗣(こうのしゅんじ)」が2期目をかけて知事選に臨んでおり、「カジノ誘致」が選挙戦におけるポイントとなったのです。

当時の「カジノ誘致」に向けた「考え方や意見」を記載しましょう。

・統合型リゾート(カジノを含む)が地域経済にもたらす効果は絶大であり、大きな関心をもっている。

・投資や雇用の増大が見込め、観光誘客効果も大きい。

・いっぽうでは、「ギャンブル依存症」の問題や「治安面」「青少年への悪影響」を不安視する声がある。

これらを踏まえながら、法制度の整備を前提に、「前向きな検討」を提唱しました。

他候補は「カジノ構想」に対して「後ろ向き」もしくは「反対」の意見を発表していましたから、「対立軸」がはっきりした選挙ですね。

結局、河野知事が当選して2期目を迎えることになりました。
これにより、「宮崎」の「カジノ構想」も前進することとなったのです。

 

宮崎のカジノ構想の背景について

「宮崎・カジノ構想」は「シーガイアの破綻」から始まったとされます。
もともと、官民一体の巨大プロジェクトとして1993年に建設された「リゾート施設・宮崎シーガイア」ですが、経営悪化により2001年に会社更生法の適用を受けました。

そのあと、さまざまな経緯を経て2012年に「シーガイア」を運営していた「フェニックスリゾート」の全株式を「セガサミーホールディングス」が買い取り、傘下におさめています。

「セガサミーホールディングス」は「カジノビジネス」に対して積極的であり、以前より「カジノ経営」の研究をおこなってきました。

そのため、2013年11月には「統合型リゾート研究会」を「宮崎県・宮崎市・宮崎経済団体」に協力する体制で立ち上がっています。

「カジノ構想」は宮崎県における重要な「観光振興策」であり、地元財界から大きな期待が寄せられているのです。

 

宮崎の統合型リゾート研究会での講演内容

2013年に立ち上がった「統合型リゾート研究会」では、さまざまな研修会を開催しました。
2015年2月の研修会では岡部氏(電通・IR観光プロジェクト部長)が「日本版IR」をテーマとした講演をおこなっています。

その内容は、「MICE」の重要性に触れたものであり、「インバウンド」の活用をねらうならば、必須であることを説いています。

おさらいになりますが、ここで「MICE」の意味を解説しましょう。

「M」は(Mieeting)
「I」は(Incentive Travel)
「C」は(Convention)
「E」は(Exhibition/Event)

それぞれ、「会議」「研修旅行」「国際会議」「展示会/イベント」を表しています。
「MICE」は、これらを総称しており、さまざまなビジネスイベントを表しているのです。

つぎに、「MICE」施設の建設がもたらす効果を検証しましょう。

各自治体が期待しているのは、「地域経済の活性化」です。
「MICE」開催によって、大勢の人々が集い(つどい)ますから、総合的な関連事業支出は大きなものと予測されます。

地域における「経済波及効果」は絶大であり、知名度アップに一役買うのではないでしょうか。

国・都市間の競争が激化するなか、「MICE」は大きな武器となるものです。
宮崎が早期に機能整備すれば、競争を勝ち抜けますね。

 

カジノ法案・IR推進法案成立後について

2016年12月2日に衆議院内閣委員会にて「IR推進法案」が可決されました。
ついで12月15日に衆議院本会議で採決を迎え、賛成多数にて可決されたのです。

「カジノ法案」の前進であり、「候補地」として名乗りをあげた自治体にとって「大きな朗報」となりました。

 

12月6日には、宮崎・河野知事が前向きに取り組むことを表明。
発言内容を要約しましょう。

・宮崎にとって観光は重要。ゴルフなどのスポーツと連携したカジノ・リゾートを。
イメージはすでに出来ている。

・さまざまな課題への対策が重要。具体策が先送りされているので、今後のスケジューリングに注目。

 

さらに国際間産業振興議員連盟(宮崎)からの発言を要約しましょう。

・観光における浮揚策(ふようさく)として有効。

・企業からの声がでれば、議連を挙げて活動する。

 

統合型リゾート研究会からの発言要約。

・地方経済の活性化にとりくむ宮崎にとって、大きな弾みとなる。

「カジノ構想」にかかわる、「宮崎」のさまざまな団体が、「カジノ構想」を加速させる動きとなりました。

 

【まとめ】現在の宮崎県知事によるカジノ招致の取り組み

全国的に「カジノ構想」が前進するなか、現在の「宮崎」はどうなっているのでしょうか?
さっそく「宮崎」における「トピックス」を紹介しましょう。

2017年の11月に河野知事が「韓国IRパラダイスシティ」の視察を表明。
これは「セガサミーホールディングス」からの働きかけによるものであり、計画の立案に役立てるためです。

ただし、その後の動きが見えてきません。
少々気になる点ですね。

「カジノ候補地」としての「宮崎」を客観的に評価しましょう。

県知事が前向きな姿勢を表明しているものの、他地域候補と比較した場合に具体策が遅れているようです。

さまざまな方面からの情報収集を図ったのですが、具体的な施設構想まで至っていない様子。
有力候補地では、この点をすすめており、すでに「施設イメージ」を発表しているところもあります。

「セガサミーホールディングス」がバックボーンとなることは間違いありませんから、巻き返しに向けた今後の動きに期待したいところですね……。

宮崎がカジノ候補地となっている理由とは!?

<あなたにお勧めの記事>

カジノ法案とは カジノ法案の問題点、カジノ依存症、マネーロンダリングなど
カジノ候補地はどこに決定するのか 初心者必見!オンラインカジノの始め方

オンラインカジノを始めよう♪

オンラインカジノ(ベラジョンカジノ)の登録方法、手順

ベラジョンカジノは初心者でも気軽にオンラインカジノを始めることができ、日本でも絶大な人気のサイトです。

日本にカジノができるまではベラジョンカジノで楽しもう♪

勿論、実際にお金を賭けることもできますし、勝てば出金もできますよ♪

今なら登録で30ドルプレゼント。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です