カジノは横浜に決定する可能性と概要(招致コンセプト)

横浜にカジノが決定する可能性(候補地)
あんちゃん
かじの先生!横浜がカジノに決定する可能性はありますか?
かじの先生
決定するかはわかりませんが横浜もカジノ候補地として有力ですよ。横浜だと「山下ふ頭」にできる可能性があります。

カジノ法案に関連する「統合型リゾート」の誘致活動が本格化してまいりました。

日本各地で名乗りを上げる自治体が現れるなか、候補地として選定されるのはどこになるのでしょうか?

ギャンブルファンならずとも興味が湧きますよね……。

今回は「横浜」にスポットをあてましょう。
2009年から「カジノ構想」に関連した議論をスタートさせており、横浜の具体的な計画が示されています。

<あなたにお勧めの記事>

カジノ法案とは カジノ法案の問題点、カジノ依存症、マネーロンダリングなど
カジノ候補地はどこに決定するのか 初心者必見!オンラインカジノの始め方

横浜のカジノ候補地はどこか

「横浜」は、どこに「統合型リゾート」の建設をめざすのでしょうか?
それは、ズバリ「山下ふ頭」。

立地は「横浜駅」や「中華街」および「みなとみらい地区」と隣接していますから、抜群のロケーションですね。

アクセスも非常に優れており、「鉄道」や「道路」のみならず、「水上交通」の利用が可能となります。

「山下ふ頭」の敷地面積は「約47ha」と広大であり、「カジノ」を含む「統合型リゾート」の建設にうってつけです。

 

横浜のカジノ 候補地周辺の名所・施設

「山下ふ頭」周辺に目を移しましょう。
これらを知れば、「横浜」の魅力が十分に伝わるのではないでしょうか。

山下公園

昭和5年に開園した歴史ある公園。
あまり知られてないが、関東大震災で発生した「がれき」を埋め立てに使用。
「赤い靴はいてた女の子像」があり、誰もが口ずさんでしまうのでは。

エリスマン邸

「生糸貿易商社シーベルヘグナー商会・横浜支配人格」を肩書とした「フリッツ・エリスマン」の邸宅。
大正15年に「チェコ人建築家 アントニン・レーモンド」による設計。
昭和57年に解体。
平成2年に再現建築。

「往時の雰囲気」を今に伝えています。

マリンタワー

横浜のシンボル的な存在。
昭和36年に、「開港100周年・記念事業」として建設された。
高さ106mを誇り、360度の大パノラマが人気。

港の見える丘公園

昭和37年に開園。
横浜港を見渡せる高台に立地。
さまざまな歌謡曲やドラマの舞台となる。

みなとみらい地区

元々は造船所や貨物駅などがあった場所。
都心部強化の目的で開発がすすむ。
三日月形が特徴のパシフィコ横浜、クイーンズスクエア、ランドマークタワー、などの大型施設が次々に建設。
2020年の東京オリンピックをにらんだ開発がすすむ。

いかがでしょうか?
「横浜」の雰囲気を感じとれますよね。

つぎの項目で、基本計画の概要を解説しましょう。
興味を持って読みすすめてください。

 

横浜のカジノ構想・基本計画方針について

「横浜」における「カジノ構想」は、「山下ふ頭開発基本計画」がベースとなります。
こちらを掘り下げて検証するために、ポイントを列記しましょう。

・「インバウンド」の活用を念頭に、大規模スペースへの「MICE」施設の整備。

・「山下ふ頭地域」にとどまらず、周辺地区との機能分担を計画。
これにより、相乗効果をねらう。

・次世代へ向けた構想であることのアピール。
環境への配慮。防災機能を備えたまちづくり。

・従来にみられた港湾一辺倒の施設から、観光による集客をねらえる「魅力あるミナト」
へ思い切ったシフトチェンジ。

・水上交通の活性化策。周辺地区とのアクセス強化。
近未来を想像させる景観の形成。

・ふ頭機能の見直し(港湾物流機能・移転)。大胆な機能変革により、雇用機会創出をねらう。

「開発基本計画」では、以上の6項目を掲げています。

「カジノ施設」に注目が集まりがちですが、あくまで「統合型リゾート」を意識した計画であり、「経済」のみならず、「文化・芸術」をアピールするものです。

そのため、「インバウンド」だけではなく、国内からの「観光客」も十分に期待できる計画ですね。

「横浜」が掲げている計画は、単なる「統合型リゾート」という位置づけよりも、広域経済発展を意識しています。

「横浜=みなと」のイメージを前面に打ち出しており、
「ハーバーリゾートの形成・創造」を合言葉に「開発基本計画」が立案されているのです。

この点が高く評価されているのではないでしょうか。

横浜の開発基本計画の今後

「カジノ法案」の前進を追い風に、招致活動が活発化しています。

ベースとなる「開発基本計画」は、さらにブラッシュアップされ、「横浜」らしさをふんだんに盛り込む計画へと変化。

現在の課題は、「山下ふ頭」を含む地区に大型施設が見当たらない点です。
今後はインフラの整備をさらにすすめて、各方面からのアクセス強化を図る予定。

これにより、周辺観光への拠点機能も有しますから、賑わい(にぎわい)が創出されることでしょう。

また、「親水性」をキーワードとして「ウォーターフロント」を打ち出しており、「水上アクセス」の整備を急いでいるのです。

計画が実行に移されれば、「横浜」の経済活性化に大きく寄与するだけではなく、未来へ向けた持続性のある「魅力」につながるのではないでしょうか?

「観光」と上手に結びつけることができれば、「カジノ・リゾート」としての「魅力」が倍増しますね。

 

横浜のカジノ構想とスマートエリアの関係性

横浜における「カジノ構想」では、 「スマートエリアの創出」がコンセプトに加えられています。

「スマートエリア」とはどのようなものでしょうか?
掘り下げてみましょう。

提唱されているポイントを列記しますね。

・エネルギー(スマートエネルギー)の導入

・万一の災害に対する都市機能の自立

・災害時における、観光客などの「安全」や「安心」の確保

・エリア内における環境配慮型の交通システム完備

・エリア内外に対する、さまざまな情報提供・発信

・交通弱者や障害をお持ちの方に対しての、優しい「まちづくり」(バリアフリー・多言語対応サイン)

これらのポイントが実現されている地域が「スマートエリア」であり、「環境」「エネルギー」「災害時対応力」「バリアフリー」がキーワードとなります。

なかでも、「高齢化社会」を迎えた日本は、「バリアフリー」が「さまざまな場面」で提唱されています。

「スマートエリア」の創出は喫緊(きっきん)の課題といえるでしょう……。

 

【まとめ】カジノは横浜に決定する可能性と概要(招致コンセプト)

「横浜」が立案した計画は壮大であり、「山下ふ頭」の再開発は一部分に過ぎません。

東京オリンピックをさらなる契機(けいき)として、「横浜」をふくむ日本中の「カジノ構想」が前進するはずです。

最新「カジノ法案ニュース」(2018年3月23日)によると、施設設置数に関して与党(自民・公明)協議がおこなわれました。

自民党が「少なくとも4~5か所」を提言したのに対し、公明党は「2~3か所に限定すべき」と求めています。

また、入場料に関しても協議され、自民党が「2千円以上で、過度の負担とはならないレベル」としているのに対し、公明党は「8千円(シンガポール水準)」を求めているのです。

そのほか入場回数制限などが協議されており、「カジノ法案」の進捗(しんちょく)は、候補地自治体としても気になるところ。

いずれにせよ、世界に誇れる「統合型カジノリゾート」を発信したいものです。

<あなたにお勧めの記事>

カジノ法案とは カジノ法案の問題点、カジノ依存症、マネーロンダリングなど
カジノ候補地はどこに決定するのか 初心者必見!オンラインカジノの始め方

オンラインカジノを始めよう♪

オンラインカジノ(ベラジョンカジノ)の登録方法、手順

ベラジョンカジノは初心者でも気軽にオンラインカジノを始めることができ、日本でも絶大な人気のサイトです。

日本にカジノができるまではベラジョンカジノで楽しもう♪

勿論、実際にお金を賭けることもできますし、勝てば出金もできますよ♪

今なら登録で30ドルプレゼント。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です