カジノは千葉に決定する可能性と概要(招致コンセプト)

千葉県がカジノに決定する可能性
あんちゃん
千葉にカジノが決定する可能性は高いですか?千葉にはよく行くのでカジノが出来たら嬉しいですけど。
かじの先生
カジノが千葉にできる可能性ですね!千葉市は観光庁公募による「グローバルMICE強化都市」として選ばれていますか十分に決定する可能性がありますよ。

「カジノ法案」は、推進法が成立したこともあり、現実味を帯びてきました。
「地域経済の活性策」として有効性が高く、さまざまな地方自治体が名乗りを上げていますね。

今回は、千葉にスポットをあてて、カジノが千葉に決定する可能性と、千葉の招致コンセプトを紹介しましょう。

 

<あなたにお勧めの記事>

カジノ法案とは カジノ法案の問題点、カジノ依存症、マネーロンダリングなど
カジノ候補地はどこに決定するのか 初心者必見!オンラインカジノの始め方

千葉のカジノ建設候補地は「幕張新都心」

現在、千葉市が「統合型リゾート」の建設候補地として挙げているのは「幕張新都心」です。

未来型の「ビジネス・シティ」を宣言しており、「職」、「住」、「学」、「遊」のコンビネーションをポイントにしています。

また、他地域に対するアドバンテージとして、「成田空港から30分」という抜群のロケーションが挙げられるでしょう。

「インバウンドの取り込み」が命題となる「統合型リゾート」ですから、このアドバンテージは大きいですね。

それから、「ビッグニュース」をご紹介。
観光庁公募による「グローバルMICE強化都市」に、千葉市が選ばれました。(平成27年6月30日)

おさらいになりますが、「MICE」について解説しましょう。

「M」は「Meeting」の頭文字。
会議や研修を表しています。

「I」は「Incentive」の頭文字。
招待旅行の意味ですね。

「C」は「Conference」の頭文字。
国際的会議を表しています。

「E」は「Exhibition・Event」の頭文字。
ショーや展示会の意味です。

「カジノ」をふくむ「統合型リゾート構想」にあって、「MICE機能」は重要な位置づけとなります。

この点において、「幕張新都心」は一歩すすんでいると考えて間違いありませんね。
観光庁から「お墨付き」を頂いているようなものです。

カジノが千葉に決定する可能性が高くなっていると間違いなく言えます。

つぎの項目で、「幕張新都心」の概要を詳細に検証しましょう。

 

千葉の幕張新都心カジノ計画案について(招致コンセプト)

千葉のカジノ建設候補地「幕張新都心」といっても、性格の違う7つの地区に分けられます。
それぞれを列記しましょう。

・文教地区(大学・高校・中学を含む地区)
・若葉住宅地区
・幕張ベイタウン住宅地区
・タウンセンター地区
・業務研究地区
・公園緑地地区
・拡大地区

これらの地区のうち、どこを「統合型リゾート」の予定地にしているのでしょうか?
その答は、計画案によって違いがあるのです。

現在は2つの計画案が浮上しており、それぞれについて詳細に解説します。

「IR導入可能性調査報告書」による2つの計画案。
これらを示しましょう。

・既存の施設を活用したもの「ヨーロッパタイプ」
・新規に開発「シンガポールタイプ」

以上の2案は、「海外カジノ」を視察することで立案されています。

ちなみに、既存施設の活用を念頭に置いたものは、スイスの「グランド・カジノ・ベルン」。新規開発を念頭に置いたものは、シンガポールの「マリーナ・サンズ・ベイ」が参考とされているのです。

「千葉・カジノ」を検証するには、これらの概要を知ることが近道ですね。
さっそくまとめましょう。

 

スイスの「グランド・カジノ・ベルン」

まず、スイスの「グランド・カジノ・ベルン」から。

立地:ベルン(世界遺産都市に登録)のネームバリューを最大限に活かしている。
観光客を巧みに取り込み、事業の成功につなげている。

運営母体:スイス・カジノ・ホールディングス。
ゲーミング事業をおこなっている業者。

施設のコンスティテューション(構成)をみましょう。
カジノ・フロア面積は2364㎡ですから、やや小規模クラスですね。

入場者数は約29万人で、このうちインバウンドを10万人と推計。
また、投資額は32.5億円で従業員数が173人と出ています。
この数値をどうみるかですが、「初期投資額の概算」と「雇用の計算根拠」となりますね。

ちなみに、この「グランド・カジノ・ベルン」は4つ星ホテルの「ホテル・アレグロ」を含んでおり、格式の高さを誇っております。

ゲストは雰囲気を存分に味わえますね……。

 

シンガポールの「マリーナ・サンズ・ベイ」

つづいて、シンガポールの「マリーナ・サンズ・ベイ」をみましょう。

立地:シンガポールのマリーナ地区。
世界最大の「シンガポールフライヤー(観覧車)」があり、橋を渡れば「マーライオン」
が間近。

運営母体:ラスベガス・サンズ(ラスベガスのリゾート運営会社)
約5000億円の資本を建設に投ず。
小耳情報ですが、屋上プールを含む「スカイ・パーク」は日本企業が陣頭指揮。
高い技術力を国内外に発信。

こちらも、施設のコンスティテューション(構成)をみましょう。

カジノにおけるフロア面積は15000㎡。
さきほどの「グランド・カジノ・ベルン」と比較すれば6倍以上ですから、大きさが理解できますね。

しかし、この面積でも敷地全体の3%以下ですから驚きです。

ホテル部分に目を移しましょう。

客室数は2561室を誇っており、最高級(5つ星)ホテルとなっています。

また「MICE」は5層の大型施設を備え、国際的な会議や展示を招致できる概要です。
これらの施設が整備されていると、多くの可能性を感じますね。

さらに「マリーナ・ベイ・サンズ」はショッピング・モールを備えており、74000㎡と広大な延床面積を誇っています。

そのほかに、「シアター」や「ミュージアム」を備えており、「MICE」機能としては満点をつけられるのではないでしょうか?

 

具体的な千葉の建設予定地について

千葉の「幕張新都心計画案」について、さらに検証を深めましょう。

「既存施設の活用を念頭に置いた案」では、「業務研究地区内」にある東京ガス隣接地が具体案として提示されました。

これによると、周辺施設として「国際展示場」や「幕張イベントホール」「幕張メッセ」があり、既存施設の活用を容易にするものですね。

さきほどの東京ガス隣接地に、延床面積31000㎡のハイクラスホテルを新設するものであり、計画全体で考えれば「少ない投資額」で「高い経済効果」を狙うものとなります。

いっぽう、「新規開発案」では、「公園緑地地区全体」の活用が示されました。
全体の構想は大きく、用地確保の条件が「既存施設活用案」との比較で30倍となります。

新たに「MICE」施設の建設を計画しており、「カジノ」「ハイクラスホテル」「展示場」「会議場」「ショッピング・モール」「シアター」が一堂に集まる事業計画案です。

壮大な計画ですね。

 

 【まとめ】カジノは千葉に決定する可能性と概要(招致コンセプト)

事業案を評価するためには、「経済効果」をみることが大切です。
「千葉・幕張新都心・カジノ構想」における「経済効果見込み」を記載しておきましょう。

既存施設活用案:1568億円
新規開発案:4793億円

これをみても、「新規開発案」が魅力的であることは一目瞭然です。
しかし、当然ながら膨大な開発コストが必要です。
議論を重ねることとなるでしょう。

さらに、千葉では成田市も「カジノ誘致」に積極的とされており、実現性の高い計画案を立案中とされます。

これからの動きに目が離せませんね……。

<あなたにお勧めの記事>

カジノ法案とは カジノ法案の問題点、カジノ依存症、マネーロンダリングなど
カジノ候補地はどこに決定するのか 初心者必見!オンラインカジノの始め方

オンラインカジノを始めよう♪

オンラインカジノ(ベラジョンカジノ)の登録方法、手順

ベラジョンカジノは初心者でも気軽にオンラインカジノを始めることができ、日本でも絶大な人気のサイトです。

日本にカジノができるまではベラジョンカジノで楽しもう♪

勿論、実際にお金を賭けることもできますし、勝てば出金もできますよ♪

今なら登録で30ドルプレゼント。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です