カジノは北海道に決定する可能性と概要(招致コンセプト)

カジノ候補地は北海道の苫小牧で決定する可能性

 

カジノは北海道に決定する可能性と概要(招致コンセプト)

あんちゃん
カジノ法案の候補地である北海道は招致が決める可能性はありますか?
かじの先生
勿論、北海度にカジノが決定する可能性はありますよ。北海道の中でも苫小牧市はカジノ候補地として有力地です。招致コンセプトなどを見てみましょう。

「カジノ法案」が本格化するなかで、地方自治体によるカジノ招致合戦も白熱しています。
有力候補地として名乗りを上げているのが「北海道」。

雄大な自然を生かした「招致コンセプト」は、「環境とのハーモニー」が基本です。

なお「北海道」は広大なため、3つの地域が名乗りを上げています。
「苫小牧(とまこまい)市」「留寿都(るすつ)村」「釧路市」の3地域ですね。

現在、一本化に向けて協議が重ねられており、近々決定する方向。
それぞれのカジノが北海道に決定する可能性と概要と、最有力候補の詳細(招致コンセプト)を解説しましょう。

なぜ北海道はカジノの有力候補地なのか!? はこちら

<あなたにお勧めの記事>

カジノ法案とは カジノ法案の問題点、カジノ依存症、マネーロンダリングなど
カジノ候補地はどこに決定するのか 初心者必見!オンラインカジノの始め方

北海道のカジノ候補地と経済の関係性

「北海道」へ「統合型リゾート」を誘致できれば、大きな経済波及効果が期待されています。

カジノ(統合型リゾート)ができることで期待されている具体的数値を列記しましょう。

・「苫小牧市」
雇用創出3万人~4万5千人、年間利用者数220万人~380万人
経済波及効果2850億円~4650億円

・「留寿都村」
雇用創出2万5千人~2万7千人、年間利用者数150万人~210万人
経済波及効果1700億円~2870億円

・「釧路市」
雇用創出1万4000人~1万8000人、年間利用者数25万人~40万人
経済波及効果1570億円~1950億円

数値に関しては、見やすくするために若干の修正(細かい部分の切り捨て)を加えました。

これら3候補地への設定には、「北海道」が抱えているタスクの解決が期待されています。
現状の課題は、季節による観光客数の増減(繁忙期と閑散期による格差)ですね。

また日本人観光客だけに頼るのは、「人口減少社会」にあって市場縮小を回避できないことが予想されます。(日本全体が抱える問題と重複)

インバウンドの活用が喫緊(きっきん)の課題であり、魅力ある「IR構想」でなければなりません。
そのためにカジノ候補地が「空港から近い」ことが一本化に向けての「有力な条件」となるでしょう

カジノ候補地として有力視される「苫小牧市」

「北海道」の「IR構想一本化」でカジノ候補地として有力視されているのが「苫小牧市」。
その理由は「インバウンド」の活用が最も望めるから、とされます。

前述しましたが、「雇用創出」「年間利用者数」「経済波及効果」それぞれの期待値が地域トップです。

これらの観点から、「カジノ候補地・北海道」として、「苫小牧市」にスポットを当てることにしましょう。

苫小牧市の招致コンセプト

「苫小牧市」が招致に向けて発表している「コンセプト」を紹介します。

 

「北海道ブランド」の発信力を最大限にパワーアップ

やはり「北海道ブランド」は大きいと考えられます。
しかし、海外への「ブランド力発信」は途上状態ですね。
この部分へ注力することとしています。

 

「苫小牧」がもつ「豊かな自然」の活用

北海道観光に共通するのですが、「豊かな自然」は大きな魅力です。

近隣には素晴らしい観光資源が豊富であり、連携や協定により「統合型リゾート」の付加価値を最大に引き上げることが大切。
全市を挙げてこの点に注力します。

新千歳空港に隣接している点の最大限アピール

全国の有力「統合型リゾート候補地」に共通するのが、空港や港から近い点です。
「苫小牧市」は新千歳空港から車でわずか30分。
抜群の立地にある点をアピールするものです。

 

ニューテクノロジーの駆使で「エコ空間」を意識した開発

合言葉としているのが「人間環境都市宣言の街」です。
「エコ空間」とは「デベロップメント」と「ネイチャー」の共生によってなされるもの。
開発が自然を破壊してはならないことを念頭におくことを宣言します。

 

世界基準かつオンリーワン「統合型リゾート」の建設

「統合型リゾート」の建設には、世界基準を目指さなければなりません。
そのために、海外への視察を積極的におこなっています。

具体的な視察地は、「シンガポール:マリーナ・ベイ・サンズ」「韓国:パラダイスカジノ済州」。

これらは大成功を収めている「統合型リゾート」ですね。
視察を重ねることで、世界トップクラスの基準を学んでいます。

 

苫小牧市における交通アクセス

・新千歳空港:車で30分、電車で40分
・札幌中心街:車で60分

利便性に優れた立地となり得ることが容易にわかりますね。

カジノが苫小牧市に決定する潜在的な可能性について

「カジノ法案」を推進させることで、「統合型リゾート」の建設が実現します。
地域経済の活性化が期待されており、「苫小牧市」が名乗りを上げているのです。

 

「北海道ブランド」の意義を再検証しましょう。

国内アンケートによる結果がでています。
それによると、行きたいと考えている旅行先として第一位を獲得。

それから、「インバウンド」を具体的な数字で表します。
訪日外国人のうち、「北海道」を訪れた人数は115万人。
また、観光で「北海道」を訪れた内外の人数合計は5310万人におよんでいます。

これらの数値が表している意味は、施策によって「北海道経済」の大きな前進を目指せることとなります。

 

「苫小牧市」がもつ、潜在的な可能性にうつりましょう。

北海道内における重要なアクセス拠点であり、それぞれの観光地に対する窓口となります。
「カジノ候補地」として決定すれば、さらにアクセス網が整備されるでしょう。

商圏の観点から「苫小牧市」を評価すると、札幌市から車利用で60分。
ですから、「苫小牧市」は巨大マーケットと直結しています。

また、新千歳空港と近い点は、大きなアドバンテージです。

乗降客数は年間2131万人(2016年)で、このうち国際線の伸びが顕著となります。
海外からのお客様が増加しているのは、大きな強みと考えて間違いありません。

ちなみに、「統合型リゾート」の建設による可能性を具体的に列記しますね。

 

全世界に向けて「トップクラスリゾート」の発信

「カジノ法案」の意義とリンクしますが、世界基準を満たす「統合型リゾート」の誕生は、全世界へ向けて日本旅行への誘い(いざない)ができるのではないでしょうか。

「インバウンド」への喚起、特に「アジア圏富裕層」への訴求

前述と重複しますが、スキーリゾートへの「アジア圏富裕層」が増加していることからみても、通年型施設に期待がもてます。

「カジノ施設」がもつ収益力への期待

世界で成功している「カジノ施設」から学んでおり、複合的な収益力は小さくありません。
地域経済の起爆剤として「カジノ施設」が期待されており、「カジノ法案」が前進することが日本全体の経済活性化と直結するといっても過言ではないですね。

これら以外の「ポテンシャル」についても触れておきましょう。

・「地域的弱点」とされる季節格差のある収益力の是正
・本格的なMICE施設の整備
・「カジノ施設」を含むことによる、夜間の観光需要
・北海道観光における窓口機能
などとなります……。

 

【まとめ】カジノは北海道に決定する可能性と概要(招致コンセプト)

「北海道」における「カジノ候補地」のさまざまな計画について紹介しました。

これらの情報に触れて、どのような感想をお持ちになりましたか?

たしかに、他の「カジノ候補地」と比較して、「経済効果」の弱さは否めません。
しかし、「雄大な自然」が大きな魅力となることは間違いないでしょう。

「自然との共生」イコール「環境とのハーモニー」は「北海道・苫小牧市」のポテンシャルとして認知されるはず。
今後の動きを見守りましょう。

なぜ北海道はカジノの有力候補地なのか!? はこちら

<あなたにお勧めの記事>

カジノ法案とは カジノ法案の問題点、カジノ依存症、マネーロンダリングなど
カジノ候補地はどこに決定するのか 初心者必見!オンラインカジノの始め方

オンラインカジノを始めよう♪

オンラインカジノ(ベラジョンカジノ)の登録方法、手順

ベラジョンカジノは初心者でも気軽にオンラインカジノを始めることができ、日本でも絶大な人気のサイトです。

日本にカジノができるまではベラジョンカジノで楽しもう♪

勿論、実際にお金を賭けることもできますし、勝てば出金もできますよ♪

今なら登録で30ドルプレゼント。


コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です